こめかみニキビ

こめかみにニキビができると、髪の毛が当たって痒くて掻いてしまい、ひどくなってしまうことがありますよね。

髪の毛で隠れるので人からはあまり分かりませんが、自分だと気にしてしまいます。

今回は、なぜこめかみにニキビができるのかや、スキンケアの方法などをご紹介していきます。

こめかみにニキビができる4つの理由

こめかみとは、目と耳の間の部分のことで、この部分は皮脂量が多く、毛穴に脂が溜まりやすい場所です。

そのため、ニキビもできやすく、悪化しやすい場所でもあります。

なぜこんなところにニキビができてしまうのかというと、4つの原因が挙げられます。

  • シャンプーやリンス、洗顔料の流し忘れ
  • 髪の毛が当たる
  • 触ってしまう
  • スキンケア忘れ

これら4つがなぜ関係するのか説明します。

シャンプーやリンス、洗顔料の流し忘れ

こめかみにニキビができる理由の1つに、流し忘れがあります。

髪を洗った時、しっかり流しているようでも、こめかみ部分は流し忘れの多い部分です。

シャンプーやリンスが皮膚に付着したままだたと、シャンプーなどに含まれる化学物質が毛穴に入り込み、毛穴をふさいでしまいます。

洗顔時も同じで、こめかみは顔の端の方にあるのでどうしても流し足りないことがあるのです。

これらの流し忘れによってアクネ菌の栄養分を与えてしまっていることになります。

髪の毛が当たる

流し忘れと同じように、髪に付着したシャンプーやリンスの化学物質が皮膚につき、ニキビができやすくなります。

また、髪の毛は、シャンプーやリンスだけでなく、生活の中で空気中に舞っている汚れなどがつきやすいため、皮膚に髪の毛が当たるとその汚れが毛穴に入ってしまうのです。

こめかみ部分はどうしても横の髪の毛が当たってしまう部分のため、ニキビができてしまうとこの髪の毛のチクチクとした刺激により皮膚も硬くなりやすく、治りにくく、跡も残りやすいのです。

触ってしまう

髪の毛で隠れてしまう部分なので、人からはあまり目立たないかもしれませんが、気になって触ってしまったりしますよね。

また、髪の毛の刺激によりニキビが痛くなったり痒みを伴い、自然と触ってしまうことが多くあります。

手は一日中使用するので汚れがかなりついているため、髪の毛だけでなく手から毛穴に汚れが入り、ニキビになってしまうのです。

スキンケア忘れ

こめかみは洗顔時に洗い忘れたり流し忘れることもありますが、洗顔後の保湿も忘れがちです。

皮脂の多いこめかみは、きちんと洗わないと余計に汚れや皮脂が溜まります。

皮脂が多いなら洗えば保湿を忘れても大丈夫かと思いますが、いくら皮脂が多いとはいえ、洗顔をすれば水分も脂もとられてしまいます。

その状態でいると乾燥し、その分皮脂が過剰に分泌されてしまい、ニキビができてしまうということもあるのです。

こめかみニキビの治し方

こめかみにニキビができてしまったら、毛穴に溜まった汚れをとって清潔にする必要があります。

ケアを間違えると悪化してしまうので注意が必要です。

また、今後もニキビを繰り返さぬよう予防もしていかなければなりません。

こめかみにニキビができる4つの原因も踏まえて、治し方を紹介します。

  • 髪を洗う時はしっかり流す
  • 洗顔は最後に、優しく洗う
  • 洗顔後は保湿を忘れない
  • 髪の毛をピンなどで留める
  • 規則正しい生活を送る

以上の方法でニキビを治していきます。

髪を洗う時はしっかり流す

1日の汚れを流すために、髪は、生え際までしっかり洗います。

こめかみはシャンプーなどがついたままのことが多いため、流す際に手で触って洗い残しがないか確認してください。

リンスやトリートメントは全部洗い流さないと思うので、手で触ったときにぬめりがあれば手にお湯を含んでこめかみや髪の生え際部分だけ流すようにすると良いです。

また、髪を洗う体制が頭を前にして顔が下を向いた状態で洗うと、丁度こめかみの部分にシャンプーがかかるため、そのように洗っている人は、頭を後ろにして顔が上の方を向くようにして洗うと、髪がこめかみにもかかりにくく、流すときにもぬめりなどが確認しやすいので是非試してみてください。

洗顔は最後に、優しく洗う

お風呂で顔を洗う人は髪を洗ってから、洗面所で洗う人はお風呂に入ってから洗うようにしてください。

先に顔を洗ってしまうと、万が一髪を洗った時に流し忘れがあれば意味がありません。

髪を洗った後に洗顔料を泡立て、その泡でやさしくこめかみ部分も洗うようにします。

この時使用する洗顔も、あまり刺激の強すぎないものを使用するようにしてください。

こめかみ部分は皮脂が溜まりやすいため、ピーリングスクラブなど使用するのもいいですが、その中でも刺激の弱めのもので、かつ週に1~2回程度の使用にするのがおすすめです。

洗顔自体は毎日行うものなので、ニキビに刺激を与えすぎないように注意してください。

洗顔後は保湿を忘れない

ニキビができていても肌への保湿は欠かせません。

特にこめかみは、顔の端の部分でもあるため、保湿が行き届かないことがあります。

洗顔後は、必ず化粧水乳液やクリームを使って、こめかみにも優しく潤いを与えてください。

ただし、こめかみ部分は皮脂が多くニキビができやすいため、乳液やクリームのつけすぎには注意してください。

皮脂の多い部分は量を調節して保湿をするのが、ニキビを早く治すためのコツです。

髪の毛をピンなどで留める

こめかみには髪の毛がかかってしまうため、ニキビを刺激してしまいます。

それを防ぐために、かかる髪の毛をピンなどで留めるようにしてください。

ただし、外出先で抵抗のある人は、髪の分け目を変えてみたり、帽子を被って髪を抑えたりなど、多くの髪がかからないようにして、帰宅後はすぐにピンで留めるなど、できるだけ髪が当たらないように工夫してみてください。

規則正しい生活を送る

ニキビはスキンケアや刺激をなくすのももちろんですが、体の中からも治すことができます。

何気ない生活の中でもニキビへの影響は大きく、睡眠不足食生活ストレスなど様々なことで自分自身でニキビができやすい体を作ってしまっている可能性があります。

睡眠不足が続くと、肌の再生機能が衰えてしまいます。

また、睡眠不足もストレスも、ホルモンバランスを崩してしまうため、皮脂を分泌する働きのある男性ホルモンが活発になり、ニキビの原因になるのです。

ダイエットをしたり食べ過ぎも良くありません。

ダイエットをすると、肌に必要なものが摂取できなかったり、食べ過ぎてもその分皮脂となって分泌されてしまいます。

生活で大事なのは、どれもバランスよくということ。

睡眠は最低でも6時間、毎日3食栄養素を考えて、ストレスは溜まりそうになったら自分なりの発散をするなど、日々の生活を良いものへ変えていくことでも肌の調子は良くなります。

こめかみニキビの治し方まとめ

笑顔 左

こめかみニキビは放っておくとすぐに悪化し、ニキビ跡が残ってしまいます。

そのようにならないために、むやみに触らず、毎日のスキンケアや生活に注意して早めの改善を目指しましょう。