泣き顔 左

胸やデコルテ部分にニキビができてしまうと、胸元の空いた服を着るのに抵抗があり、服を選ぶのも大変ですよね。

だからといって衣類が当たると痒かったり、痛むこともあって嫌になると思います。

ニキビを早く治して自信が持てるように、胸にできるニキビの原因と治し方についてご紹介します。

胸ニキビの原因

顔にだけできると思っていたニキビが胸まわりにできてしまうと、もし人に見られた時に恥ずかしいですよね。

胸ニキビは、胸元の下着が当たる部分や、デコルテ部分にできるニキビのことで、皮脂腺の多く通っている場所になります。

そのため、皮脂の分泌が多くなると毛穴が詰まり、皮脂をエサにしたアクネ菌が繁殖してニキビができます。

では、なぜ胸にアクネ菌が繁殖してしまうのか、その原因を紹介します。

  • 汗や衣類よる蒸れ
  • シャンプーや石鹸の流し残し
  • 摩擦
  • 乾燥
  • ホルモンバランスの乱れ

以上のような原因が挙げられるため、これらについて詳しく説明します。

汗や衣類による蒸れ

胸元は皮脂腺が多いために汗をかきやすく、皮脂を多く出してしまいます。

特に夏場はをかきやすく、下着や衣類を身に着けているため、通気性も悪く蒸れてニキビのできやすい環境を作ってしまいます。

また、女性はブラジャーの締め付けが原因で汗をかきやすかったり、胸の大きい人は谷間などが蒸れやすい状況にもなります。

冬場でも寒いところから暖かいところへ入ったときの温度差暖房の暑さで汗をかいたり、衣類も厚手のものや首回りまで覆うものを着るためなかなか汗がひかない場合があります。

このように、汗をかいたときに通気性が良くないため、汗がアクネ菌のエサとなってしまうのです。

シャンプーや石鹸の流し残し

お風呂やシャワーを浴びたとき、体を洗ってから頭を洗ったりはしていませんか?

先に体を洗ってしまうと、シャンプーやリンスなどが体についてしまいます。

シャンプーやリンスが体についていたり、石鹸などの流し残しがあると、それらの成分が毛穴に入り込み、ニキビの原因となってしまうのです。

特に皮脂分泌の多い胸や背中はしっかりと洗い流さないと皮脂を落とすことができません。

摩擦

胸元はいろんなものの摩擦が原因で肌を傷つけたり刺激を与え、ニキビをできやすくしてしまいます。

気が付かずにそのままでいるとニキビを悪化させてしまう可能性もあるものになります。

その摩擦の原因は以下のようなものが挙げられます。

  • 直接肌に触れる衣類の繊維による刺激
  • 体を洗う時のボディタオルの刺激
  • 強くゴシゴシと洗う
  • タオルで強く拭く
  • 髪の毛がデコルテ部分に当たる

見て分かる通り、顔にはない刺激が沢山あり、このようなことが肌に刺激を与え、ニキビを作ってしまうのです。

また、衣類やタオルをきちんと洗わずに不潔なものを使用しても菌が肌についてニキビの原因になることもあります。

乾燥

胸元は皮脂分泌の多い部分だといっても、乾燥によりニキビのできる人もいます。

冬場は特に乾燥の時期でもあり、体のあちこちが乾燥しやすい季節で、熱いお風呂に入ることも皮脂が落ちて乾燥しやすくなります。

また、冬だけでなく場でも換気をぜずにエアコンのきいた部屋に長時間いることで、乾燥してしまいます。

実はその乾燥によって足りない皮脂を分泌しようとして多く出しすぎ、毛穴に溜まってしまったりするのです。

皮脂が原因だと思って洗いすぎることも乾燥を引き起こす原因になるので注意が必要です。

ホルモンバランスの乱れ

胸元の皮脂を分泌させてしまう理由に、ホルモンバランスの乱れが原因となることもあります。

人間には、女性ホルモン男性ホルモンが存在していて、そのうち男性ホルモンが増えると皮脂を多く出す働きがあります。

この男性ホルモンは人によって分泌量は違いますが、ホルモンのバランスが崩れると男性ホルモンが活発になるため、ニキビができやすくなるのです。

また、生理前になると「黄体ホルモン」というホルモンが過剰に分泌され、このホルモンも皮脂を過剰に出してしまいます。

黄体ホルモンにより体調も崩れやすく、女性の敵といえるホルモンになるのです。

逆に生理後は排卵前まで「卵胞ホルモン」が盛んになり、気分もよく、肌の調子も良くなるというようになっています。

黄体ホルモンと卵胞ホルモンの分泌の働きは表で表すと下記のような状態になります。

この表を見てわかるように、排卵後からは黄体ホルモンが活発になるので肌トラブルが最も多くなる時期になります。

このような体のホルモンというのは、女性特有の身体のつくりや、睡眠不足食生活ストレスなど様々なところで知らぬ間に乱れてしまいます。

胸元の吹き出物はニキビだとは限らない

 

胸元にニキビができたと思ってケアをしていても全然よくならず、おかしいなと思ったらニキビではなかったということがあります。

ニキビは、毛穴にアクネ菌という菌が繁殖して炎症を起こすのに対し、「マラセチア菌」という菌が繁殖して炎症を起こす「マラセチア毛包炎」の場合があります。

胸や背中、腕などの身体にできやすく、痛みや痒みを伴いません。

このマラセチア菌は、常に身体の中に存在している真菌のカビの一種で、よく見るとニキビのように芯がなく、小さなポツポツとしたものが広範囲に広がるのが特徴です。

カビと聞くと嫌な感じもしますが、原因としては顔にできるニキビと変わりなく、湿気の多い部分を好むため、汗をかいて放置しておくとできやすくなります。

自然治癒では治りにくいため、皮膚科での治療が必要になります。

皮膚科へ受診すればすぐに治せるものなので心配はいりません。

胸ニキビの治し方

胸やデコルテにできるニキビを治すためには、常に清潔な状態を保たなければなりません。

女性は特にブラジャーの締め付けなどもあるため、胸にニキビのできやすい人はより一層慎重なケアが必要になります。

顔にできたニキビならクリニックで相談することもできますが、女性が胸元にニキビができてしまうとクリニックの先生に見てもらうのは恥ずかしいと思うので、自宅でできるケア方法をご紹介します。

この方法はニキビが治ってからでも常に意識して続けていけば予防にもなるのでぜひ続けてください。

  • 汗をかいたら清潔にする
  • 摩擦を少なくする
  • 肌に優しい石鹸や繊維のものを使用する
  • 保湿をする
  • 生活習慣の改善

これらのことを下記で詳しく説明するので、試してみてください。

汗をかいたら清潔にする

胸は皮脂腺が多いために汗をかきやすく、特に夏場は汗で熱がこもってしまいがちです。

すると、ニキビにとっては最高の環境になってしまうので、すぐにシャワーを浴びることができる場所であればシャワーを浴びて新しい衣類に取り換えてください。

シャワーを浴びれないときは着替えだけでもするとだいぶ良くなります。

しかし、仕事中や外出先で着替えができなかったり持っていないこともありますよね。

その時は優しくタオルなどでこまめに汗を拭きとり、少しでも汗を放置しないような対策をとってください。

タオルも着替える衣類も洗濯されてた綺麗なものを必ず使用するようにしてください。

体を洗う時のスポンジやタオルなども雑菌が多く付着しているので長く使用せずに数か月に1回は変えることをおすすめします。

摩擦を少なくする

 

ニキビができてしまっている時は、できるだけニキビに触れないようにすることが1番になりますが、胸元は下着や衣類が当たってしまうため、絶対に触れないというのは難しいです。

なので、少しでも肌に負担がかからないようなケアをすることが重要になってきます。

まず、体を洗う時ですが、強くゴシゴシと洗わないように、直接触れるのではなく、泡で優しく洗うようにしてください。

他にも、お風呂上りや汗を拭き取る際はポンポンと抑えるように拭くとニキビを傷つけません。

丁度ブラジャーの当たる部分にニキビができてしまっている人は、サイズが合っていないために摩擦がおきている可能性もあるので、1度下着屋さんでサイズを測ってもらて自分に合ったものを使用したり、締め付けのないノンワイヤーのブラジャーを使用すると良いです。

また、デコルテ部分にニキビができていて、髪の毛が当たってしまう人は、髪を結ぶようにして、ネックレスなどのアクセサリーも避けるようにしてください。

肌に優しい洗剤や繊維のものを使用する

胸ニキビへの負担を少なくするためには、使用するものも選ぶ必要があります。

特に体を洗う際の洗剤は、ボディーソープは界面活性剤が含まれているため、固形石鹸の方が肌に優しいのでおすすめします。

また、使用するボディタオルですが、色んな種類がある中で、ブラシタワシは最も肌を傷つけやすいのでニキビの肌には使用せず、柔らかい素材のタオルや、スポンジ、泡立ちのよいネットを使って優しく洗うようにしてください。

肌に直接触れる衣類に関しては、綿素材シルクなどの肌触りのよいものを身に着け、夏でも冬でも吸湿性のよいものを選ぶと汗がこもりにくくなり、さらに毎日の洗濯で柔軟剤を使用することでゴワゴワとした素材で肌を痛めることを防ぐこともできます。

肌の弱い人は、使用する洗剤によっても肌へ刺激を与えることもあるため、無添加などの洗剤に変えてみるのも良いです。

保湿をする

肌が乾燥する時期や、乾燥しやすい肌質の人でも胸にニキビはでやすく、乾燥肌でない人もお風呂上りには皮脂が落ちて潤いが足りなくなります。

顔のスキンケアと同じで、胸も保湿をすることで潤いのある綺麗な肌を手に入れることができるのです。

しかし、顔と同じように化粧水を塗って、場合によっては美容液も塗って、乳液やクリームも塗るようにするとなると時間もかかり大変だと思います。

胸などの身体を保湿するには、ボディクリームでもいいですが、身体にも使用できるオールインワンのクリームやジェルをおすすめします。

オールインワンのタイプだと化粧水も乳液もまとめて入っているので肌にしっかり水分も脂も与えることができます。

また、オールインワンにはニキビに効果のある成分の入ったものもあるので、そのようなものだとより効果的です。

生活習慣の改善

胸ニキビを確実に治すためには、身体の中からもよりよい環境にすることで治りも早く、繰り返さないように予防することができ、ニキビだけでなく肌全体や体調、気分も良くなるのでこの機会に生活を見直してみてください。

上記の胸ニキビの原因でも述べたように、ホルモンバランスの乱れによってニキビをひき起こす可能性があるということで、女性特有の「黄体ホルモン」による分泌の量は変えることはできませんが、このホルモンが活発になる時期は無理をせずにゆっくり体を休めるようにしてください。

また、この時期に関係なく活発になる男性ホルモンに関しては、普段から予防ができます。

まずは質のよい睡眠をしっかりとることです。

6時間~8時間の睡眠時間を確保し、脳をゆっくり休めることで肌の隅々まで栄養が行き渡り、肌の再生能力バリア機能を高めることができます。

ただし、脳を休ませるためにはただ睡眠時間をとればいいというわけではなく、寝る直前にお風呂に入って運動をしたり、携帯やパソコンを見るなど脳に刺激を与えるようなことをせずに、リラックスした状態で睡眠をとるようにするのが効果的です。

他にも過剰な男性ホルモンの分泌を避けるためにはストレスを溜めないようにすることです。

普段から仕事や人間関係などでストレスを感じている人は、生理中になるとさらにイライラして黄体ホルモンと男性ホルモンの分泌でさらにニキビのできやすい環境になってしまいます。

イライラしてストレスを溜めこむ前に、嫌なことがあったら少しずつ吐き出していくことが大切です。

誰かに相談したり、買い物や運動など自分が好きなことをしてリラックスできる時間を作り、毎日頑張る自分を褒めてあげてください。

さらに、食事にも気を遣う必要があります。

ダイエットをしている人は、栄養が足りないために肌荒れを起こしやすく、食べ過ぎてしまう人は吸収しきれず皮脂が過剰に分泌されてしまう傾向があります。

特に脂っこいものや甘いものを多く摂る人は注意して、1日3食栄養バランスを考えて適度な量を摂取し、肌にも身体にも良い食生活を心がけてください。

また、カフェインの摂り過ぎやお酒、タバコもニキビに影響するので控えることをおすすめします。

胸ニキビの治し方まとめ

笑顔 左

胸にできる吹き出物は、ニキビでもマラセチア毛包炎でもどちらにせよ予防をするには清潔に保つことが大事です。

汗のかきやすい時期や環境では特に注意して、悪化させないように自信のある胸元になるよう頑張りましょう。