ニキビおでこ 左

顔の中でもよくできてしまうおでこのニキビ。

ひどいと全体に広がってしまうこともあり、気になって髪の毛で隠す人も多いのではないでしょうか。

おでこにはニキビができやすい原因があり、それを理解すればスキンケアで治すことが可能です。

では、おでこニキビの原因と治し方について紹介します。

おでこニキビができる理由

顔の中でおでこは、皮脂腺が多く通っている場所のため、脂っぽくなりやすく、毛穴に脂が溜まってニキビが出やすい状態です。

思春期には成長ホルモンが活発のため、皮脂線の多いおでこにニキビができて悩む人も多いはずです。

しかし、大人になってもおでこにニキビができてしまうのには、普段からの生活やケアが関係してきます。

  • 元々脂性の人
  • 間違ったスキンケア
  • おでこを触る
  • 洗い残し
  • 生活習慣の乱れ

以上の5つがおでこにニキビを作ってしまう理由です。

何がいけないのか、詳しくご説明します。

元々脂性の人

肌は、水分皮脂の丁度良いバランスでトラブルのない綺麗な肌を保つことができます。

しかし、脂性の人は水分が少なく、皮脂が多い状態のため、その分毛穴に脂がたまりやすく、皮膚が硬くなりやすい傾向にあります。

すると、塞がれた毛穴の中にアクネ菌が繁殖し、ニキビとなって、放っておくと悪化してしまいます。

元々おでこは脂が多いのにも関わらず、肌質が脂っぽいとさらにニキビができやすいということなのです。

間違ったスキンケア

間違ったスキンケアとは、洗顔料で何度も洗ったり、おでこの脂をとるためにゴシゴシと洗顔したり、拭いたりすることです。

また、脂が原因と分かっているから保湿はしないという人もそれは間違ったケアになります。

何度も洗えばニキビが早く良くなると思ってしまいがちですが、何度も洗ったりゴシゴシと強く洗ってしまうと、皮膚が傷つき、ニキビの原因になります。

皮脂は肌を乾燥から守る役割もしていて、その皮脂がとられすぎると脂が足りず、皮膚がSOSを出します。

すると、皮脂が過剰に分泌され、急に分泌されたことでニキビになってしまったりもするのです。

保湿をしない人も、同じように洗顔をすると皮脂が落ちるため、水分と皮脂のバランスがとれなくなってしまいます。

おでこを触る

前髪や脂を気にしておでこを触る癖のある人は、についた汚れがニキビの原因になります。

また、すでにニキビのできる人が気にして触ってしまうのもばい菌がニキビに入ってしまうので、悪化して治りにくくなってしまいます。

他にも、手だけでなく前髪がおでこに当たることで髪の毛についたシャンプーなどの化学物質や、空気中の汚れが髪に付着し、毛穴を傷つけ、ニキビができます。

洗い残し

おでこは、髪を洗った時にシャンプーやリンスがついて付着したものが流しきれていなかったり、洗顔時にすすぎ残しがあったりしてもニキビができます。

特におでこと髪の毛の境目の部分が流し残しの多い部分で、簡単に流しているという人は注意が必要です。

すすぎが不十分だと、毛穴に溜まって皮脂と混ざりあってしまい、ニキビの原因となります。

生活習慣の乱れ

スキンケアだけでなく、普段の生活で寝不足が続いている人は、ホルモンのバランスが崩れたり、睡眠時に活発になる成長ホルモンが足りず、肌の再生機能が遅くなります。

ホルモンが乱れることで男性ホルモンが過剰に分泌されてしまい、元々皮脂の多いおでこ部分の脂が増えればさらにニキビのできやすい環境になってしまうのです。

他にも、食生活ストレスなども身体全体に不調が出るように、肌への影響も大きく、ニキビや肌荒れの原因になります。

おでこニキビの治し方

おでこのニキビを治すためには、常に清潔な状態を保つ必要があります。

元も皮脂の多い部分なので、早めの対応をしないとニキビが増えたり、悪化してしまうかもしれません。

そのために、正しい治し方を知って、ニキビを治し、予防も心掛けるようにしてください。

では、ニキビを治すために4つの方法をご紹介します。

  • 正しい洗顔、保湿をする
  • 髪の毛が当たらないようにする
  • 使用するファンデーションの見直し
  • 生活習慣の改善

これら4つに気を付けて生活すれば、おでこのニキビは早く治るはずです。

ぜひ試してみてください。

正しい洗顔、保湿をする

お風呂に入って洗顔をする人は、必ず洗顔を最後にするようにしてください。

最初に行ってしまうと、せっかく洗った顔にシャンプーやリンスが付着してしまう可能性があるからです。

最も₁番良いのは、お風呂から上がって、髪も乾かし終わってからがベストです。

なぜなら、お風呂で顔を洗えば上がってすぐに保湿をしないと乾燥してしまいますよね。

すぐ保湿をしてから髪を乾かすとなると、髪の毛がおでこにかかり、保湿成分が髪の毛に付着したり、反対に髪の毛のリンスやトリートメントが皮膚に当たってニキビを悪化させてしまう可能性があるからです。

髪を乾かしてから、ピンヘアターバンなどで髪をしっかり留め、顔にかからないようにして洗顔をするようにしてください。

洗顔料は刺激の強すぎないものを使用し、泡で優しく洗い、ニキビに直接触らないようにします。

毛穴の角質をとるためにピーリングスクラブを使用しても構いませんが、これらは刺激が強く、肌の再生機能を元に戻すためのものであり、使いすぎると乾燥を引き起こし、ひどいと敏感肌になってしまう可能性があるため、毎日使用するのではなく、週に1、2回程度にして、他の日は普通の洗顔料を使用します。

洗顔後は脂の多い部分であろうと必ず行います。

いくら脂が多いとはいえ、洗顔料で脂は落ちてしまうため、保湿が大事なのです。

しかし、化粧水で水分だけを与えてしまうと、その水分は蒸発してしまうため、多い量の化粧水をつけてもあまり意味がありません。

そこで、化粧水の後に乳液クリームをつけることで、水分の蒸発を防ぎ、油分も与えることができます。

この時注意しなければいけないのが、乳液やクリームの使用するです。

あくまでも足りない油分を補うためなので、皮脂の多いおでこに沢山つけてしまうと水分とのバランスが合わず、ニキビを治すどころか自らニキビに栄養を与えてしまうことになるので、量は少なめに使用するのがポイントです。

髪の毛が当たらないようにする

髪の毛が当たることで皮膚を傷つけ、ニキビが悪化してしまうので、できるだけ前髪をピンで留めるようにしてください。

普段から前髪を下ろしている人は少し抵抗があるかもしれませんが、前髪の分け目を変えたり、三つ編みや編み込みにして横でピンで留めたり、ポンパドールにしておでこを出してオシャレを楽しんでみてはどうでしょうか。

しかし、おでこのニキビを隠すために前髪を下ろしたいという気持ちも分かります。

その際は、ニキビに当たらないよう前髪を分けて帽子を被ったり、ヘアアイロンでふわっとさせてニキビに当たらないようになど、工夫をしてみてください。

もしも普通に下ろす方が良いという場合は、ニキビのできている時は早めに帰宅して、自宅でピンで留めておでこを出す時間を少しでも多くとってください。

使用するファンデーションの見直し

現在どんな種類のファンデーションを使用していますか?

おでこニキビを治すには、本来であれば化粧は控えるべきです。

しかし、仕事の関係や出かける時は化粧をしたいと思うのが女性ですよね。

化粧をしなければならない時は、刺激が弱く、油分の少ないパウダーファンデーションを使用することをおすすめします。

リキッドタイプのファンデーションは、油分が多く、厚塗りにもなってしまうため、ニキビが悪化してしまいます。

パウダーファンデーションはカバー力はあまりありませんが、ニキビへの負担がリキッドタイプに比べて少なく、余計な油分を与えすぎないので試してみてください。

また、元々脂性で日中でもおでこがテカテカしてしまうほど脂が出てしまう人は、ときどきあぶら取り紙でおでこの油分を取るようにもしてください。

ただし、ゴシゴシとせずに優しく抑えるように脂を吸い取ってください。

生活習慣の改善

おでこにニキビがでる原因に生活習慣の乱れがあったように、ニキビを治し、予防するためには毎日の生活を変えていく必要があるかもしれません。

睡眠時間を十分に確保できてないひとは、最低でも6時間の睡眠をとってください。

また、睡眠時間をとれている人でも、浅い睡眠だとあまり意味がなく、目覚めが悪いため、ニキビだけでなく肌全体の調子が悪くなってしまいます。

寝る前は携帯を見たりせず、部屋を暗くして脳を休ませてあげると質の良い睡眠をとることができます。

他にも、食事は3食栄養バランスの良い食事を摂取し、脂っこいものや甘いものを食べすぎないように気をつけてください。

毎日外食や買ったものを食べる人も、好きなものばかりでなく、野菜をとるように心掛けたりすることでニキビにも栄養素が行きわたります。

また、飲み物は冷たいものばかりやコーヒーなどのカフェインにも注意して、リラックス効果もあるハーブティーなどを飲むと良いです。

次に、ストレスですが、ストレスを感じないようにするというのは難しいことなので、少しでも嫌なことを忘れられる時間を作ることが大切です。

家でリラックスできる時間を確保したり、買い物へ行ったり、友人と話したり、自分の好きなことをするだけでも落ち着きます。

ニキビがストレスになってしまうこともありますが、必ず治ると思って、焦らずにケアを行ってください。

生活の中では、他にもタバコお酒、あらゆるところでニキビの原因を作ってしまっているかもしれません。

心当たりのあるものは少しずつ改善していくように努力してみてください。

おでこニキビの治し方まとめ

笑顔 左

おでこは脂が多いため、ニキビも出やすく、治しにくい部分ではありますが、普段のスキンケアや生活を変えるだけで治せます。

清潔な状態を保ってニキビのない綺麗な肌を目指しましょう。