困り顔 左

背中は普段自分に見えない分、水着やドレスを着たときに気づいたり、人に言われて分かることが多い部分です。

今まで気が付かなかった分、気がついた時にはひどくなっているケースが多く、焦ってしまいます。

今回は、背中ニキビができる原因と治し方、対策方法についてご紹介します。

背中ニキビの原因

ニキビは顔にできるものだと思っていたのに、背中にできてたなんてと驚く人は多いと思います。

背中のニキビは、夏でも冬でもできやすく、特に洋服の摩擦により悪化してしまうためケアの方法も難しい場所になります。

衣類が触れるために痒み痛みを伴うこともあり、悪化しやすいニキビでもあります。

 

では、背中ニキビができる主な4つの原因を紹介します。

  • 皮脂分泌が盛んな場所
  • 流し残し
  • 乾燥
  • 摩擦による肌への負担
  • 生活習慣の乱れ

このようなものが原因として挙げられますが、これらについてもっと詳しく説明します。

皮脂分泌が盛んな場所

背中は、身体の中でも顔の次に皮脂腺の多い部分になります。

背中はをかきやすいため、皮脂の分泌が多く、ニキビのできやすい環境になっています。

皮脂の分泌が多いと、それだけ毛穴に脂が溜まりやすく、アクネ菌が繁殖して肌を攻撃してしまうのです。

夏は特に汗をかきやすく、衣類も着ているため蒸れて、シャワーを浴びないでいると菌が増殖します。

また、元々男性ホルモンの多い人や、体調の優れない時なども皮脂の分泌が盛んになる傾向があります。

流し残し

お風呂に入った時、体と頭どちらを先に洗っていますか?

体を先に洗っている人は、頭を洗ったときのシャンプーリンスが背中に残ってしまっていることがあります。

背中についてしまったシャンプーなどの成分が残ったままだと、肌への刺激となり、毛穴詰まりの原因になります。

また、体を後から洗っていても、背中までよく洗えていなかったり、流しきれないとニキビもできやすい状態になるのです。

乾燥

夏場、汗をかいたことを気にするあまり、何度も身体を洗ったり、冬には熱いお風呂に長時間入ったりなどしていませんか?

実は、この行為が背中を乾燥させているかもしれません。

冬場は元々乾燥の季節なので、肌全体が乾燥してしまう人もいるかもしれませんが、背中を洗いすぎたり、熱いお湯だと背中の皮脂が余分に落ちてしまいます。

本来あるべき皮脂まで落ちてしまうと、ターンオーバーという約28日の肌の再生周期が乱れて過剰に皮脂を分泌します。

過剰に分泌するあまり、毛穴に皮脂が溜まりすぎて毛穴を塞いでしまい、アクネ菌が繁殖して皮膚を攻撃し、ニキビができてしまうのです。

摩擦による肌への負担

背中は顔と違い、衣類を上に着ているため摩擦が多くなり、毛穴がつまりやすい状況にあります。

また、背中を洗うときや、体を拭く際にゴシゴシと強くしたり、乾燥や衣類の繊維で痒くて掻いてしまっても肌を傷つけ、ニキビができやすくなります。

ホルモンバランスの乱れ

背中にニキビができるのには、生活習慣も関係してきます。

特にその中でも睡眠不足ストレスによるホルモンバランスの乱れが原因で、男性ホルモンが活発になり、皮脂を過剰に分泌してニキビを作りだします。

その時にできるニキビの部位は人によって様々ですが、普段から上記で紹介したような原因が重なると、背中にできやすくなるのです。

ニキビではない可能性もある

背中にニキビができたと思ったら痛みもないし、ニキビのような芯もなく、なんか変だなと感じてはいませんか?

実は、その背中にできている吹き出物はニキビではない可能性もあります。

基本的にニキビはアクネ菌という菌が原因でできるのですが、アクネ菌ではなく、「マラセチア菌」という別の菌が原因の「マラセチア毛包炎」かもしれません。

マラセチア菌は真菌のカビの一種で、日頃から身体に住み着いている常在菌です。

できる原因はニキビとさはど変わりはありませんが、湿気を好むため、夏などの汗のかく時期に繁殖する傾向があります。

見た目はニキビのようですが、身体にできることが多く、小さなプツプツが広範囲に広がり、自然治癒では治りにくいのが特徴です。

皮膚科を受診すれば早く治すことができるので、もし背中ニキビが治らないようならマラセチア菌によるカビを疑ってください。

背中ニキビの治し方

背中は目の届かない場所のため、どこまで進行してしまっているのか分かりません。

家族などにみてもらい、ニキビの状態を確認してみてください。

軽度であれば早めに治すことができ、ひどいと時間がかかります。

しかし、毎日正しくケアしていけば病院へ行かなくても自分で治せるのでこれから紹介する方法を実践してみてください。

  • 汗をかいたら清潔にする
  • 優しく洗ってしっかり流す
  • 保湿をする
  • 肌に優しい素材のインナーを着る
  • ホルモンバランスを整える

このようなことを心がけるだけで少しずつ良くなってくるはずです。

では、以上のことについて詳しく説明します。

汗をかいたら清潔にする

背中は皮脂分泌の多い部分なので、夏場は得に汗をかきやすい状態になります。

汗をかいたらできるだけ拭き取るように心がけてください。

その際、ゴシゴシと強く拭いてしまうと肌が傷ついてしまうので優しく抑えるように拭くようにします。

また、汗をかいたらシャワーを浴びたり、すぐ衣類を交換するなどして、清潔に保つようにしてください。

冬でも寒い場所から暖かい部屋へ行くと気温の変化により汗をかいてしまいます。

冬場は厚手の衣類を着ているために通気性も悪く、熱がこもってしまいがちなので、急に暖かい所へ入らずに落ち着いてから入ったり、下着を取り換えるなど工夫してみてください。

優しく洗ってしっかり流す

体を洗う際は、頭を洗ってから、背中の皮膚やニキビを傷つけないように石鹸を泡立てて優しく洗ってください。

ボディソープは界面活性剤が多く使用されているため、使用する際は固形石鹸をおすすめします。

流し忘れのないようにしっかり流すことでニキビを治し、予防にも繋がります。

お風呂上りも柔らかい素材のタオルで優しく拭き取り、できるだけ背中のニキビを傷つけないようにしてください。

保湿をする

背中ニキビは、乾燥が原因によるものもありました。

特に冬場や、乾燥肌の人はひどいと粉をふいたり、痒みもでてしまいます。

顔のニキビと同じように、ニキビを治すためには保湿をすることで水分と皮脂のバランスを保つ必要があります。

しかし、顔と同じケアをするのは時間もかかり、背中に化粧水、乳液を塗るというのは大変なので、クリームやジェルタイプのもので保湿すると簡単です。

手が届かない場合は家族などに塗ってもらってください。

肌に優しい素材のインナーを着る

背中はどうしても衣類が当たって肌に刺激を与えてしまうため、ニキビが治ってきてもまた再発する可能性があります。

特にチクチクするような素材のものだと肌を傷つけてニキビが増えてしまうこともあります。

綿素材のような吸湿性がよく、肌触りの良いインナーを中に着ることをおすすめします。

ホルモンバランスを整える

背中にニキビができやすくなる理由の1つに生活習慣というものがありました。

生活の中で疲れが溜まったりしている時は、特にホルモンバランスが乱れていたり、免疫力が低下している時期になります。

そのような状態になると、体調が崩れたり、肌へのトラブルが起きやすくなるのです。

そこで、ホルモンバランスを整えるためにすべきことは、睡眠時間の確保です。

生活習慣の中で最もニキビの原因となりやすいのが睡眠不足です。

人は、就寝してから約3時間後成長ホルモンが活発になるのですが、この成長ホルモンは肌の再生機能を整えてくれる働きがあります。

睡眠時間が短いと成長ホルモンの分泌量が減ってしまいます。

大体6~8時間の睡眠でしっかり脳を休ませてあげることで皮脂の過剰な分泌も避けることができます。

その他にも、ストレスを溜めないような生活を送ることが重要になります。

しかし、人は何かしらのストレスを抱えていて、そのストレスをなくすというのは難しいため、ストレスを感じても自分なりに発散して溜めこみすぎないような環境を作っていくようにしてみてください。

好きなことをして楽しんだり、リラックスできる時間を作ったり、泣きたいときには泣くこともストレス発散に繋がります。

ホルモンバランスが整っているかというのは目には見えないので、今の自分の生活リズムを見直してみてください。

背中ニキビの治し方まとめ

笑顔 左

背中ニキビを治すためには、常に背中を清潔な状態に保つことが重要になります。

洗い忘れのないようにしっかり洗い、保湿をしてバリア機能を高め、衣類からの摩擦も防ぎましょう。

水着やドレスを着ても自信を持てるような綺麗な背中を目指しましょう。