肌質別大人ニキビのスキンケア方法

悩み顔 左

大人ニキビに悩まされ、色んな方法を試しても良くならず、繰り返してしまって悪循環に陥ることってありますよね。

あなたは自分の肌質を分かった上で正しいスキンケアができていますか?

もしかしたら肌質に合わせて正しいケア方法ができていない可能性も考えられます。

ここでは、肌質に合った正しいニキビケア方法や、注意すべきことをご紹介していきます。

肌質は時期や体調によって変わる

肌質には普通肌乾燥肌脂性肌乾燥型脂性肌混合肌の5つの種類があります。

脂性肌の人や乾燥肌の人は自分でも分かりやすいと思いますが、この肌ってどうやって決まるかご存知ですか?

年齢や遺伝の可能性もないとは言い切れませんが、ほとんどが食事生活季節などの環境にあると考えられます。

脂っぽい食事を多く摂っていれば皮膚から多く脂が出るし、ストレスを溜めすぎても皮脂の量は増えます。

夏は汗をかきやすいため皮脂は多くなり、逆に秋や冬などの時期は乾燥しやすくなります。

寝不足が続いていたり、正しいスキンケアをしていないと皮脂が増えたり、乾燥したりもするのです。

このように、肌質は元々持ったものでもありますが、いろんな環境等で脂性だったのに乾燥肌に変化してしまったりもするものなのです。

また、乾燥型脂性肌や、混合肌などは肌自身が持った特徴により間違ったスキンケアでこの肌質になるのが特徴的です。

5つの肌質のスキンケア方法と注意点

肌質というのは、2つの要素のバランスによって決まります。

その2つの要素というのは、「皮脂量」「保湿能力」

この2つのバランスが崩れると、トラブルの起こしやすい肌になるのです。

では、肌質ごとの特徴を踏まえつつ、スキンケア方法と注意点をそれぞれご紹介していきます。

これらを参考に、もし肌質が変わったら次はその肌質を理解して常に自分の肌と向き合ってケアをしてみてください。

普通肌

普通肌とは、いわゆるニキビなど、肌トラブルのない、理想の綺麗な肌。

しかし、スキンケアを間違えたり、自分の肌に合わない化粧品を使ったりすると肌が荒れたりしてしまうことがあるため、普通肌でも注意しなければならないことは沢山。

この肌を保つためには季節に合わせたスキンケアが必要です。

普通肌の人のケア方法等ご紹介するので、ニキビが治り、普通肌になった人にも参考にしてください。

また、他の肌質のニキビに悩んでいる人でもこの肌を目指す意味で確認してみてください。

→普通肌のケア方法

乾燥肌

乾燥肌とは、文字通り乾燥した肌のこと。

ひどい人だと粉をふいてしまうほどの乾燥で、さらに乾燥によりかゆみ痛みを伴うこともあります。

洗顔後もすぐに乾燥してしまい、保湿力の低い化粧水等を使っても治ることはありません。

特に冬場はひどく、乾燥した肌で化粧をしてしまうと化粧品にさらに脂が吸収されてしまい、うまく化粧がノりません。

乾燥肌なのにニキビができてしまうのは肌が無理に脂を出そうとするため、毛穴に詰まってしまうのです。

では、乾燥肌の大事なスキンケア方法を詳しくご紹介します。

→乾燥肌のケア方法

脂性肌

脂性肌は、分かりやすくいうと肌全体が脂っぽく、見た目がテカッている肌です。

洗顔をしても脂っぽさが残ってしまい、その後の化粧水等をつけるとさらにベタつきが気になってしまうため、洗顔後は何もつけないという人もいます。

脂が出やすいため毛穴につまりやすく、ニキビができると悪化してしまうことも。

脂性肌の人は乾燥肌の人とは反対に、夏場にニキビがでやすく、冬場は少し落ち着く傾向があります。

では、脂性肌の注意点をご紹介します。

→脂性肌のケア方法

乾燥型脂性肌

脂性肌同様、見た目がテカッていて脂が多い

しかし、肌の内側は水分が少なく、見た目では判断しにくいが乾燥している。

細かいシワが目立ちやすく、年齢を重ねるほどこの肌質になりやすいとされています。

水分は少ないのに脂は多いため、ニキビもでやすくなります。

現在この肌でなくても将来この肌になる可能性もあるので要注意な肌質。

→乾燥型脂性肌

混合肌      

顔の部位ごとに乾燥している部分脂っぽい部分がある肌質。

普通おでこや鼻は脂が多く、あご付近は脂が少ないといわれるが、これが極端に違いがあり、洗顔後、乾燥している部分がつっぱる感じがあります。

日本人にこの肌質が多く、誰でもなりやすい肌といえます。

脂性の方ばかり気にしてしまい、スキンケアも脂性部分に合わせてケアしてしまいがちです。

→混合肌のケア方法

肌質別のニキビケア方法のまとめ

笑顔 左

大人ニキビを治すにはまず、自分の肌質に合ったスキンケアや生活が大事になります。

それによって化粧品もどんなものを使用すべきなのか、どんな生活に注意すればいいのかが分かってきます。

本気でニキビを治すためには、全てを理解したうえで取り組むことが大切です。

皆さんの悩むニキビ肌に少しでも参考になれば幸いです。

諦めなければ綺麗になれます。

一緒にニキビ対策頑張りましょう。

普通肌を保つための注意点

大人ニキビの肌質別ケア

普通肌の特徴 普通肌は、ノーマル肌とも呼ばれ、ニキビのない、透明感のある、綺麗な肌のことをいいます。 人の肌は、皮脂量と保湿能力のバランスで肌質が決まります。 普通肌の人は、水分保持力が高く、適度な皮脂量もあるため、しっ・・・

ページの先頭へ