普通 左

脂性肌は思春期に起こりやすいですが、大人になってからも悩む人は多く、間違ったケアをしがちです。

化粧をしてもテカテカになってしまうので気になると思います。

そんな脂性肌の方のために、正しいケア方法や注意点についてご紹介します。

脂性肌の特徴

脂性肌はオイリー肌ともいわれ、皮脂量保湿能力どちらも高く、洗顔後でもすぐに肌の表面に皮脂が浮いてきてしまい、テカリがでてしまいます。

また、皮脂の量が多いために毛穴が開きやすいのが特徴的です。

脂性だと皮脂が多くて毛穴に角質が溜まりやすく、アクネ菌が繁殖してニキビができてしまいます。

ただし、脂性の人は皆ニキビができるというわけではありません。

脂性の肌になってしまうのには、ホルモンバランスの関係や、食生活間違ったスキンケアなどによるものと考えられます。

特に思春期の時期に脂性の人が多いのは、成長ホルモンが関係していて、その時の対応を間違わなければニキビも防ぐことができるのです。

脂性を改善するための5つのやるべきこと

脂性の肌だと、皮脂を少なくしたいとばかり考えてしまいます。

しかし、理想の肌は皮脂と水分がバランスよく保てている肌のため、皮脂を取り過ぎてしまっても、肌が皮脂を必要とし、さらに多くの皮脂を分泌してします可能性があります。

そこで、脂性の人に知ってほしい、5つの対策をご紹介します。

  • 洗顔料はしっかり皮脂を落とせるものを時々使用
  • 洗顔後は水分と油分どちらもつける
  • 生活習慣の見直し
  • ファンデーションはパウダーファンデーションを使用
  • 日中に出た脂はあぶらとり紙でオフ

では、この5つについて詳しく説明していきます。

洗顔料はしっかり皮脂を落とせるものを時々使用

洗顔の際、脂が気になるからといって1回に何度も洗顔する人もいるのではないでしょうか。

それは大きな間違いです。

洗顔は1日の汚れや化粧などの必要のない脂を落とすことを目的としていますが、何度も洗顔をしてしまうと肌を傷つけてしまい、逆効果になってしましまいます。

脂性の人は、スクラブ入りピーリングの洗顔料を使用すると皮脂や角質をしっかり落とすことができます。

ただし、この時の注意しなければならないことは、スクラブ入りやピーリングの洗顔料を毎日は使用しないこと

刺激が強いため、摩擦により肌を傷つけてしまい、ニキビの原因にもなってしまうからです。

商品によっては低刺激のスクラブやピーリングの洗顔料もあるので、そのような刺激の弱い洗顔であれば問題なく使用して大丈夫だと思います。

また、洗顔料は、しっかり泡立てて優しく洗うのがポイントです。

洗顔後は水分と油分どちらもつける

脂性の人がさらにやりがちなのが、洗顔後に化粧水のみを使用することです。

皮脂が多いために油分を与えない方がいいと考え、水分のみ与えようとしてしまいます。

しかし、本来であれば油分と水分のバランスが大事なので、水分のみ多くとってしまうと、さらに脂がでてしまい、いつまでも脂性の肌から抜け出せません。

また、洗顔後何もつけない人もいるかもしれませんが、これは最も間違ったケアです。

何もつけないということは、洗顔後、水分も脂もない状態になってしまうので、何もつけない方が皮脂の分泌がかなり多くなってしまい、よけいにテカテカした肌になってしまいます。

洗顔後に化粧水をつけたら、オイルの少なめなあっさりとした乳液やクリームを選んで保湿をしてください。

生活習慣の見直し

脂性の肌になってしまう原因には、生活習慣も関わってきます。

現在の生活を見直して、脂性になる原因があれば改善してみてください。

食事

脂っこいものや甘いもの、アルコールなど皮脂の分泌を挑発してしまう食べ物を取り過ぎてしまうと、脂性になりやすく、ニキビの原因にもなるので、もし心当たりがあれば、全てやめるのではなく、量を減らすよう努力してみてください。

また、ビタミンは皮脂をコントロールする力を持っているため、ビタミンを摂るようにも心がけてください。

最も食事で大切なのはバランスの良い食事をしっかり摂ることです。

ストレス・睡眠不足

ストレスを溜めすぎてしまったり、睡眠不足が続くとホルモンのバランスが乱れます。

ホルモンバランスが乱れると、男性ホルモンが多く分泌され、皮脂の分泌が増加し、脂性の肌になりやすく、ニキビもできやすくなってしまいます。

ストレスを溜めないよう、自分なりに発散方法を見つけ、時間をみつけて少しでも睡眠時間を確保してみてください。

ファンデーションはパウダーファンデーションを使用

化粧をする際に、脂性の人がリキッドタイプやクリームタイプのものを使用してしまうと、テカリがひどくなってしまいます。

これらは、油分を多く含んでいて、さらに皮脂が分泌されると、ファンデーションも落ちやすくなってしまいます。

カバー力はリキッドやクリームタイプの方がありますが、パウダー系のファンデーションの使用をおすすめします。

マットな感じが出て、刺激も弱いためテカリが気にならなくなります。

化粧下地も油分の少ない、紫外線カット効果のあるものを選んでください。

日中に出た脂はあぶらとり紙でオフ

日中に脂が出ると化粧も崩れやすくなり、テカリも気になりますよね。

しかし、気になったからといって脂性の人がその上からファンデーションを付け足してしまっては意味がありません。

そんなときは、あぶらとり紙できになる部分だけ脂をとってください。

あぶらとり紙は皮脂をしっかりとってくれるのでやりすぎには注意ですが、軽く抑えるようにしてとれば化粧も崩れません。

あぶらとり紙で脂をとってからファンデーションで化粧を直してください。

脂性のケア方法まとめ

指さし左手

脂性の人はテカリが気になることで皮脂を取り過ぎてしまう傾向があります。

取りすぎてしまうと逆効果になってしまうので注意してください。

正しい方法でケアしていけば改善されていくと思うので、諦めずに挑戦してみてください。