ニキビに市販品は効果あり?大人ニキビ用の市販品紹介

普通 左

現代、風邪をひいたり怪我をしても病院へ行かずともドラックストアで薬などが購入できる時代です。

そのなかでも、ニキビに効果があるとされるケア商品や塗り薬なども多数販売されているため、すぐに購入して試すことができます。

しかし、購入するならやはり効果の感じられるものでなければ意味がありませんよね。

そこで、市販品の購入を悩んでいる方へ、商品に含まれる成分やどんなニキビに効くのかなどを紹介していきます。

処方薬と市販薬の違い

そもそも市販薬とはなんなのか。

薬は2種類あり、「処方薬」「市販薬」に分かれます。

「処方薬」とは、「医療用医薬品」と言われ、病院や診療所医師の診断で処方される薬のことです。

病院によって院内で処方されるところや、処方箋が発行され、薬局薬剤師から説明を受けて受け取るものがあります。

保険適用のものが多いため、大人だと自己負担が3割となります。

医師の診断のもと、選んでもらった薬なので心配はありませんが、薬の種類を自分で選ぶということができません。

「市販薬」は、病院や診療所での診断なしで誰でもすぐに購入することのできるお薬です。

この薬は薬局ドラックストア等で取扱いがあるため、病院代はかかりませんし、急な処置が必要な時は便利とされています。

しかし、病院で出される薬ではないために効きめが少し弱く、薬局やドラックストアの薬剤師に相談はできますが、診察してもらえるわけではないので、最終的には自分で判断して購入しなければなりません。

市販薬の中でもさらに「要指導医薬品」「第1類医薬品」「第2類医薬品」「第3類医薬品」に分かれ、第1~3類医薬品は「一般用医薬品」とし、「OTC(Over The Counter)医薬品」と呼ばれています。

「要指導医薬品」は、医療用医薬品が初めて市販薬として販売されたもので、副作用等注意して販売する必要のある医薬品のため、ドラックストアでは空箱が置いてあり、薬剤師でないと売ることができません。

購入の際はそこに勤務する薬剤師の説明を受けてからでないと買うことができず、不在の際は購入できないので注意が必要です。

「第1類医薬品」は、副作用のでることがある注意薬で、要指導医薬品と同じく、薬剤師の説明を受けないと購入ができません。

「第2類医薬品」は、主に風邪薬鎮痛剤解熱剤などが分類されていて、副作用等に注意の薬ですが、1類のように薬剤師の説明がなくても購入可能な医薬品です。

「第3類医薬品」は、副作用などの項目で1類、2類に分類されるもの以外のもので、普通に購入ができます。

他にも、各自購入できるものとして、「医薬部外品」という、防止衛生予防を目的とした薬用の化粧品や石鹸、シャンプーが売られています。

これらを、分かりやすく表にしてみると、下記のようなものになります。

※横にスクロールすると表全体が見れます

  分類 販売者 販売場所 概要
処方薬 医療用医薬品 薬剤師 病院、クリニック、薬局 医師の指導の下
薬局では処方箋が必要
市販薬 要指導医薬品 薬局、ドラックストア 処方薬が初めて市販薬として販売
薬剤師の指導を要する
OTC医薬品 第1類医薬品 リスクが高い
薬剤師の指導を要する
第2類医薬品

薬剤師

登録販売者

リスクが比較的高め
風邪薬や鎮痛剤、解熱剤など
第3類医薬品 リスクが低め
目薬、ビタミン剤など
医薬部外品 誰でも 薬局、ドラックストア、小売店 予防を目的
薬用の化粧品、石鹸、ヘアケア商品など

このように、処方薬にも市販薬にもそれぞれメリットやデメリットはありますが、市販薬は基本的に個人が購入したい商品を選ぶことができるようになっています。

市販薬のニキビ用塗り薬

朝起きたらニキビが1つできてしまっていたということありますよね。

急いで薬を使って治したいと思った時、病院へ行かずにドラックストアで薬を購入しようと考えると思います。

しかし、どの薬がニキビにいいのか、ちょっと迷いますよね。

ニキビに効果があるとされている塗り薬に含まれる成分やどんなニキビに効果があるのか紹介します。

➞クレアラシル

➞ビフナイト

➞テラコートリル軟膏

➞オロナイン軟膏

➞ワセリン

➞メンソレータム

➞ペアアクネクリーム

市販のニキビ用飲み薬

ニキビができてケアをしているのに、繰り返しできてしまい、他にどんな対策をすればいいのか分からないなんてことありますよね。

ニキビは体の内側からくることもあり、寝不足だったり、ビタミン不足だったりと様々なことが考えられます。

体の中から綺麗にしたい場合、飲み薬を飲むという方法もあります。

すぐに効果がでるものではありませんが、肌の調子が徐々に良くなってくるので、試してみたい方のために市販で購入できるものを紹介します。

➞チョコラBB

➞ペアA錠

市販で購入できる洗顔料

ドラックストアには沢山の洗顔料が販売されていますが、毎回購入するのにどれがいいか悩むことありませんか?

いつも使いなれているのもがあればいいのですが、ちょっと違うものを使ってみたいと思ったり、ニキビができてしまったから替えてみたいと思うこともありますよね。

しかし、ニキビ用の洗顔料ってなんだか刺激が強そうだし、いきなり使うのも不安だなと抵抗してしまうこともあると思います。

そこで、大人ニキビの特徴でもある乾燥肌などの弱い人にも使用できていいとよく言われている商品をご紹介します。

➞アルージェ

➞キュレル

➞牛乳石鹼

 大人ニキビの市販薬まとめ

笑顔 左

ニキビができてしまった時に、すぐに購入できる市販の薬や洗顔料を試したいと思ったら、成分をよく見て自分の症状に合ったものを選ぶようにしましょう。

薬を購入する時に迷ったらドラックストアの薬剤師に相談してみてください。

また、洗顔料を購入する際にも乾燥肌の人は、成分の強いものを選ばないように注意しましょう。

ページの先頭へ