悩み顔 右

生理前になるといつもニキビができてしまい、治っても繰り返してしまうということはありませか?

生理前はイライラしがちなのに、大人ニキビができてしまうと、化粧もうまくいかなくてさらにイライラしますよね。

大人ニキビは、ホルモンバランスの乱れによってニキビができやすくなるんです。

ホルモンとニキビの関係

ニキビができてしまう理由に、「ホルモンバランスの乱れ」が挙げられます。

このホルモンというのは、男性にも女性にもある男性ホルモンが関係してきます。

ストレスを溜めてしまったり、睡眠不足が続くと、男性ホルモンが過剰に分泌されます。

この男性ホルモン、実は皮脂までも沢山出してしまうんです。

そうすると、毛穴の中に皮脂が溜まります。

溜まると皮脂が硬くなり、出口をふさぎ、大量の皮脂をエサにアクネ菌が繁殖。

このようにしてニキビができてしまうのです。

しかし、女性には、女性ならではのホルモンの分泌によりニキビを引き起こします。

女性はホルモンバランスが崩れやすい

ホルモンバランスが崩れてしまうと、大人ニキビができてしまったり、体の調子がおかしくなってしまったりします。

そうならないためにも、ホルモンバランスはできるだけ保ちたいですよね。

でも、女性の体はホルモンバランスが崩れやすくなっているんです。

夜更かしや不摂生などでもホルモンバランスは崩れてしまいますが、生理妊娠中などもホルモンバランスが乱れがちです。

特に、生理前後はどれだけ気を付けていても大人ニキビができやすい時期です。

生理前や生理中などは男性ホルモンが角質を厚くする働きをしてしまったり、女性ホルモンが皮脂の分泌を増やしてしまったりします。

また、生理前はどうしても過食に走る人が多くなると思います。

生理前にチョコレートやスナック菓子などをたくさん食べてしまうと、皮脂が増加してしまうため、ニキビができやすくなってしまいます。

女性ホルモンの種類とは

女性ホルモンには、大きく分けて2つの種類があります。

  • 卵胞ホルモン(エストロゲン)
  • 黄体ホルモン(プロゲステロン)

これらは女性の生理の周期に交互に多く分泌されます。

ではこの2うのホルモンについて説明します。

卵胞ホルモン(エストロゲン)

生理が終わってから排卵するまでの間、この卵胞ホルモンが分泌されます。

このホルモンには、肌の新陳代謝を高める効果があります。

そのため、排卵前までは肌の調子が良く、化粧のノリもよくなります。

黄体ホルモン(プロゲステロン)

この黄体ホルモンは、排卵後に分泌量が多くなります。

黄体ホルモンには、皮脂の分泌を施す効果があり、ニキビができやすくなります。

生理前にイライラしたり、頭痛などの症状が現れるのも、この黄体ホルモンの影響なんです。

2つのホルモンとうまくつき合うために

生理後になると、再び卵胞ホルモンが分泌されるようになるので、肌荒れが改善されたり気分も安定したりします。

症状が出始めるのは人それぞれですが、一般的には排卵後にホルモンバランスが崩れやすくなるので、気を付けたいところです。

生理前は水分の量が少なくなるため、肌も乾燥しがちです。

生理後にはいつものケアをして、肌荒れを起こしやすい生理前にはしっかり保湿。

このように時期に合わせてケアをしていきましょう。

妊娠中の肌トラブルに悩んでしまう女性は多い

生理前後だけでなく、妊娠してから、肌荒れや大人ニキビに悩む女性も少なくありません。

妊娠中はホルモンバランスが大きく乱れてしまうことが原因です。

特に妊娠初期は黄体ホルモンの分泌量が盛んになるため、肌荒れなどが起きやすくなってしまいます。

また、妊娠初期に起こりやすいつわりや、睡眠不足などの精神的な面も大人ニキビの発生に関係しています。

もちろん、出産が終わると徐々にニキビはよくなっていきますが、妊娠中ずっとニキビのある肌で過ごすのは嫌ですよね。

なので、最低限のケアは行うことをおすすめします。

そのままにしておくと、ニキビが悪化してしまったり、ニキビの跡が残ってしまう可能性があります。

大人ニキビの原因となるホルモンのまとめ

普通 左

ホルモンバランスが崩れやすい時期は、気を付けていても大人ニキビができやすいです。

大人ニキビができてしまった!と落ち込む前に、まずは自分ができることからはじめてみてください。

上手に体と向き合いながら大人ニキビ対策を行いましょう。