悩み顔 右

大人ニキビは、意外にも紫外線によってできることがあるのです。

どうやら、皮脂の増加や毛穴のつまりだけが原因ではないようです。

では、どのように紫外線から肌を守ればいいのでしょうか。

そこで、大人ニキビができるメカニズムやおすすめの紫外線対策をまとめてみました。

紫外線によって大人ニキビができるメカニズムとは?

紫外線による肌トラブルといえば、シミやそばかすが一般的で、老化にも繋がります。

実はこの紫外線、大人ニキビの原因にもなってしまうんです。

そもそも、ニキビができてしまうのは角質が厚くなってしまうことが原因です。

角質が厚くなると、毛穴が詰まってしまうので、そこに皮脂などがたまってしまい、アクネ菌が繁殖してしまいます。

紫外線に当たると、肌のバリア機能が低下し、角質が厚くなってしまうためニキビができやすい状態になります。

また、悪化したニキビになると、跡として残ります。

その跡が茶色いと、紫外線に当たることでさらに濃いシミになるのです。

これからは、シミやそばかすだけでなく大人ニキビ対策も行わなければいけません。

しかし、紫外線に対する正しい知識がないと大人ニキビやシミ・そばかすを防ぐことはできません。

紫外線は夏だけのものという誤った認識

紫外線を浴びると日焼けをします。

そして、色素沈着したものがシミやそばかすとなって現れます。  

そう考えると、薄着になる季節は特に対策が必要です。

しかし、紫外線を浴びる時期は本当に夏場だけなのでしょうか。

結論から言うと、紫外線は年中浴びています。

冬場などは厚着をしているので気づきにくいだけなのです。

なので、本当に紫外線から大人ニキビを守りたいのであれば、夏だけでなく一年中紫外線対策が必要です。

日傘をさしたり、帽子をかぶったり、日焼け止めクリームを塗ったりして紫外線から肌を守るようにしましょう。

また、紫外線は晴れている日だけでなく曇りの日も浴びていますので、晴れていないから大丈夫と思い込んで対策を怠るのは危険です。

外出する際は必ず何かしらの対策をするようにしてください。

紫外線から身を守るために日焼け止めクリームをつけよう

冬場に日傘をさすのはちょっと抵抗がありますよね。

なので、年中つけていても違和感のない日焼け止めクリームをおすすめします。

といっても、日焼け止めクリームにはとてもたくさんの種類があります。まず、PASPFといった表示。

これは、紫外線を防いでくれる指標です。

PAは肌の奥深くまで到達する紫外線を、SPFは肌の表面に影響する紫外線を防いでくれます。

PAは+で表示されますが、SPFは数値で表示されます。+の数や数字の桁が大きいほど紫外線をカットしてくれるのですが、その分肌への負担は大きくなってしまいます。

特に、ニキビ肌の人は敏感になっていることもあるため、肌への負担が大きすぎるものを利用するのはおすすめできません。

ニキビ肌の人が避けるべき日焼け止めクリーム

ニキビ肌の人は、まずオイルフリー無着色・無香料の日焼け止めクリームを選んでみてください。

日焼け止めに含まれている油分が酸化してしまうと、肌荒れがひどくなってしまうことがあるので、避けるのがベストです。

また、紫外線吸収剤が入っていないものを選んでください。

紫外線吸収剤には、肌トラブルを引き起こす可能性があるのでニキビ肌の人が使う際には注意が必要です。

SPF50以上の日焼け止めには、紫外線吸収剤が入っていることが多いので、50未満のものを選びましょう。

また、季節に合わせて夏以外は一番弱いものを、夏には少し強めにするなどシミなどの対策も考えながら選ぶと良いです。

ニキビの原因となる紫外線のまとめ

普通 左

日焼け止めを付けるのはめんどくさい…と思ってしまうかもしれませんが、化粧下地にも使えるので毎日利用しているとそこまで苦ではなくなると思います。

日焼け止めは一回塗って終わりではなく、何度も塗りなおすことも大切です。

顔以外の部分にもまんべんなく塗って大人ニキビ対策を行いましょう。