困り顔 右

突然ですが、あなたはしっかりと眠れていますか?

社会人になるとなかなか熟睡できなかったり、休日に寝だめをしたりということが増えてきますよね。

昔から睡眠不足は肌に悪いといわれてますが、実は大人ニキビにも関係しているんです。

睡眠不足が続くと悪い理由

大人ニキビができてしまう原因は、ホルモンバランスの乱れが関係します。

できてしまった大人ニキビを治すためには、まずホルモンバラスの乱れを解消しなければいけません。

ホルモンバランスが乱れてしまう原因は様々ですが、原因の₁つに睡眠不足があるのは事実。

睡眠不足が続いてしまうと、免疫力などが低下してしまい、大人ニキビができてしまいます。

睡眠不足は、体力的にも肉体的にも大きなダメージを与えてしまいますので、できるだけしっかりと眠るようにしたいところです。

今、夜更かししているという人は、少しずつ生活のリズムを取り戻していくようにしてください。

睡眠不足にならないためには何時間眠るべきか

一般的には6時間から8時間ほど眠るといいといわれています。

なので、今睡眠不足だと感じている人は、まずは6時間から8時間ほど眠るように目指してください。

とはいえ、6時間以下でも十分だと感じる人もいるはず。

世の中にはショートスリーパーと呼ばれる人もいるくらい、少しの時間寝ただけでスッキリするという人もいます。

反対に、6時間眠っても寝足りないという人も。

なので、結局は自分が十分だと感じる睡眠時間をしっかりとるのがいいのです。

また、眠る際は眠りにつく時間も重視してみてください。

一般的には夜のゴールデンタイムと言われる10時から深夜2時までの間に眠るといいといわれています。

これには訳があって、人間の体は深夜2時までの間に成長ホルモンが分泌されます。

この成長ホルモンによって、新しい細胞が生み出されるのです。

よくいわれるターンオーバーともつながりが深く、いつまでも起きているとターンオーバーが乱れてしまい、大人ニキビもできやすくなってしまうのです。

同じ8時間眠るのでも朝方に眠って昼過ぎに起きているのでは、肌によくありません。

質のいい睡眠を取るのであれば、できるだけ深夜2時までには眠りにつけるようにしておきたいところです。

質のいい睡眠をとるためにするべきこと

自分では眠っているつもりでも、実は眠れていないことがあります。

例えば、お酒を飲んでそのまま眠ってしまったとき。

お酒は脳を覚醒させる効果があるため、飲酒してから眠っても良質な睡眠をとることはできません。

なので、少しでも質のいい眠りにつくためには、最低限行わなければいけないことがいくつかあります。

  • 夜遅くに飲食をしない
  • 寝る前にパソコンやスマホを見ない
  • 就寝1時間前から照明を落とす
  • 就寝前の激しい運動を避ける

この4つに気をつければよく眠れるはず。

遅い時間の飲食はニキビの敵

寝る前に飲食をしてしまうと寝つきが悪くなってしまいます。

体は食べたものを消化します。

すると、脳が消化の方に集中してしまって体を休ませてくれないんです。

また、遅くにポテトチップスや甘いものを食べてしまうと、皮脂が分泌されて、さらにニキビの原因になってしまうので寝る前の飲食はやめましょう。

就寝前のパソコンやスマホで脳が起きてしまう

脳ではメラトニンという睡眠ホルモンを分泌させています。

このメラトニンにより、普段私たちは質のいい睡眠がとれるはずなのです。

しかし、パソコンやスマホのディスプレイに使われているブルーライトは、強いエネルギーを持っており、その光が睡眠に入ろうとしている脳を覚醒させてしまいます。

すると、いくら寝ようと思っても脳は目覚めてしまうので、寝る前にはスマホなどを見ないようにしてください。

就寝1時間前に部屋を暗くしてリラックス

就寝前に照明を落とした方がいい理由として、これもメラトニンが関わってきます。

目に入る光の量が減ると、メラトニンの分泌が増えて眠くなるのが普通。

なので、もし眠くなくても早いうちから部屋を暗くしておけば、リラックスできて自然と眠りにつけます。

また、寝る時にアロマなどを焚いてもリラックス効果がでるので試してみてください。

就寝前の激しい運動は逆効果

寝る前に運動をすると体が疲れて眠りがよくなると思っている人もいるはず。

確かに、運動で体温を上げて、体温が下がりだした頃に布団に入ると眠れるのは事実。

しかし、それは激しい運動ではなく、軽めの運動をした時です。

息が上がるような激しい運動をしてしまうと、脳が起きてしまい、逆に目が覚めてしまいます。

寝る前に運動をするときは、軽いストレッチヨガなどを取り入れましょう。

早く寝ると体にも肌にも良い

なるべく早く眠るようにすると、朝の時間が増えるので、朝に活動するようにすると慌てて支度することもなくなります。

また、しっかり寝て、バランスのいい食事をすると1日すっきりした気分になり、仕事がはかどります。

そうするとストレスも減り、体調を崩すこともなく、お肌の調子も良くなっていいことづくしです。

休日に寝だめをする人もいると思いますが、肌にとって寝だめは効果がないんです。

むしろ、体内のバランスを崩すきっかけを作ってしまうので、大人ニキビができる原因を作りかねません。

なので、休日に寝だめをするのをやめて毎日の睡眠時間を一定にすることが大切です。

ニキビの原因となる睡眠不足のまとめ

普通 左

確かに毎日夜遅くまで仕事をしていると、なかなか睡眠時間って確保できませんよね。

でも、その生活を長く続けるほど大人ニキビができやすい環境を作ってしまうんです。

大人ニキビを増やさないためにも、今一度、自分の睡眠時間を見直してみましょう。