困り顔 右

ターンオーバーという名前を聞いたことはありますか?

化粧品などのCMでもよくつかわれる言葉ですが、いまいちよくわかっていないという人も多いと思います。

しかし、ターンオーバーはニキビを解決させるために必要なものなのです。

そこで、ターンオーバーについてまとめました。

ターンオーバーとは

美容の話になると必ずと言っていいほど「ターンオーバー」という言葉が出てきます。

ターンオーバーとは、肌細胞の生まれ変わりのこと。

人の皮膚は上から、表皮真皮皮下組織という3つの層からなっています。

このうち、表皮の一番下にある基底層という部分で新しい細胞が生まれます。

そして、古いものが新しいものに押し上げられて、最後は古い皮膚がアカとなって剥がれ落ちていくというサイクルを「ターンオーバー」といいます。

ターンオーバーの仕組みを利用すれば、ニキビもきれいに直すことができます。

部位や個人差もありますが、大体28日周期で生まれ変わるといわれています。

なので、1か月を目安にするとニキビも改善されていくはずです。

できてしまったニキビを早く治したい!という気持ちはわかりますが、焦らずに正しくケアしましょう。

年齢によってターンオーバーの周期は異なる

ターンオーバーの周期には個人差があるといいましたが、年齢によってもターンオーバーの周期は異なってきます。

大体30代から周期が遅くなるといわれており、45日程度になってきます。

よく、年齢を重ねると傷の治りが悪くなるといいますが、それもターンオーバーが関係しています。

とはいっても、ターンオーバーは早ければいいというものではありません。

ターンオーバーが早く訪れてしまうと、肌の細胞が完全に出来上がっていないために乾燥肌などのトラブルを引き起こしてしまうのです。

ただでさえ大人ニキビに悩んでいるのに、さらに肌トラブルが起きてしまうと困りますよね。

肌のバリア機能も低下しているので、なかった場所にニキビができてしまう可能性も高まります。

一概にターンオーバーが早ければいいということではありませんので、自分の周期を保つことが大切です。

ターンオーバーを保つために行うべきこと

大人ニキビやその他の肌トラブルを改善するためにも、肌のターンオーバーの周期は保たなければなりません。

しかし、簡単なことでターンオーバーは乱れてしまうんです。

そうならないためには、やはり毎日の生活習慣が大切です。

肌細胞は毎日口にする食べ物や、生活習慣からなりたっています。

なので、毎日ジャンクフードを摂取していたり、夜更かしをしていたりすると、皮脂が多く分泌され、どんどんターンオーバーが乱れてしまい、大人ニキビができあがってしまいます。

最低でも6時間~8時間は眠り、栄養バランスの整った食事やビタミンをとりいれることをおすすめします。

また、洗顔をしすぎたり、保湿を化粧水のみにしてしまったりと、間違えたケアの積み重ねもターンオーバーを乱す原因のひとつ。

本来肌にはバリア機能が備わっているので、必要以上に洗顔を行ったり、化粧品をつけたりする必要はないんです。

改めて毎日の生活を見直し、健康な細胞をつくり出しましょう。

大人ニキビの原因となるターンオーバーの乱れのまとめ

普通 左

ターンオーバーは大人ニキビを改善したり防いだりするためにも意識するべきことです。

ターンオーバーが乱れてしまうと大人ニキビだけでなく、シミやそばかすなども発生してしまうので、今大人ニキビがない人も気を付けておきたいことです。

この機会にぜひ、毎日の生活習慣やスキンケアの方法などを見直してみてください。