思春期ニキビと大人ニキビの違いとは?それぞれの特徴と原因

困り顔 左

あなたは「思春期ニキビ」と「大人ニキビ」の2つの違いを知っていますか?

私はずっとニキビに悩み、大人になってからこの違いを知りました。

「早くからこの違いについて知っていれば大人になってから悩まなかったのに」と思うことがあります。

では、この思春期と大人のニキビについて詳しくみていきましょう。

思春期と大人の年齢

「思春期」「大人」といっても何歳のことを指すのでしょう。

「思春期」とは、心身ともに子どもから大人になっていく時期のことで、男性と女性では若干の差がありますが、一般的には10歳から18歳くらいの年齢を指します。

「大人」とは、形式的には成人を迎えた20歳からと言われています。

このサイトでは、「思春期ニキビ」を10代、「大人ニキビ」を20代としてみていきます。

「思春期ニキビ」とは

思春期には体つきも変わり、大人になっていく途中段階です。

この時期になると、男性ホルモンの影響で皮脂の分泌が増え、肌が脂っぽくなってきます。

脂はニキビのエサとなり、菌が増殖。

運動をして汗をそのままにしていたり、洗顔をしっかりしていないと毛穴に皮脂が詰まり、ニキビになってしまうのです。

また、人の顔はTゾーンといって、おでこから鼻にかけて皮脂が最も多いといわれています。

皮脂が多くなると、元々多いTゾーンの脂がさらに増えるため、思春期にはこの部分のニキビが目立ちやすくなります。

中高生の悩みの種!思春期ニキビができる4つの原因と特徴

「大人ニキビ」とは

大人ニキビは思春期の頃と違い、皮脂が低下することで起こります。

年齢が上がるにつれ、肌の再生が遅れて、皮脂の量も減ってきます。

顔の中であごフェイスラインが一番皮脂量が少ないため、さらに少なくなった脂を取り戻そうとするため、過剰に皮脂を分泌。

その脂がニキビを引き起こすのです。

また、大人ニキビは繰り返されるのが特徴的で、治りにくいため、跡も残る可能性があるんです。

思春期ニキビとの違いー大人ニキビの原因と特徴

「思春期ニキビ」と「大人ニキビ」の違いについてのまとめ

普通 右

思春期には男性ホルモンによる皮脂の分泌でTゾーンを中心にニキビが増え、大人になると乾燥により皮脂が過剰に分泌することであごやフェイスラインにニキビができやすくなります。

思春期にはしっかり洗って清潔に保ち、大人になってからのニキビは乾燥から肌を守りましょう。

思春期ニキビも大人ニキビも、しっかり対策をしてニキビの跡が残らないようにケアすることが大切です。

ページの先頭へ