ニキビあご 左

「大人ニキビ」は大人になってからできるからそのように呼ぶのだけだと思っていませんか?

私も初めは同じように思っていました。

しかし、ただ大人だからという理由だけではなく、思春期にできるニキビとは違いがあったのです。

なぜ「大人ニキビ」といわれるのか、どんな特徴があるのかご紹介します。

大人ニキビとは

大人ニキビは年齢でいえばだいたい20歳をすぎたころにできるニキビのこと。

思春期には油分の多い部分であるTゾーン(おでこや鼻)にニキビができやすいのに対し、大人ニキビは皮脂の少ないフェイスライン(あごなどの顔周り)や口周りにできやすいのが特徴です。

人の体質によってはもちろん、皮脂の多い部分にもニキビはできますが、大人ニキビは同じところに繰り返しでき、跡も残りやすくなるという難点があります。

大人ニキビができる原因は主に3つ挙げられます。

  • 乾燥
  • ストレス
  • 生活習慣の乱れ

この3つの原因がどう関わっているのか、詳しく説明していきます。

乾燥

大人ニキビの1番の原因は「乾燥」。

大人ニキビの特徴である皮脂が少ないところにできやすいというのは、この「乾燥」からくるものなのです。

そもそもニキビは、毛穴の皮脂の詰まりによって起きるのですが、皮脂の少ない部分にできるのは不思議ですよね。

人の肌は、年齢を重ねるつれて、ターンオーバーという肌の生まれ変わりの周期が遅くなり、肌のバリア機能が弱まります。

保湿をしっかり行っていなかったり、乾燥しやすい場所へいたり、肌に合わない化粧品を使うと肌はどんどん乾燥していきます。

すると、乾燥した皮膚は本来適度にあるべき皮脂がないと判断し、無理に皮脂を出そうとします。

過剰に皮脂を分泌したことにより、毛穴の中で皮脂が詰まり、それをエサにアクネ菌が繁殖します。

そうしてニキビができてしまうのです。

そのため、ニキビができたからといって洗顔をしすぎたり、皮脂を与えないようにと化粧水しかつけないなどのケアをしてしまうと、さらに乾燥して、ニキビが悪化してしまうので注意が必要です。

また、このターンオーバーの遅れにより、ニキビの跡が残りやすくなってしまうのです。

ストレス

今の時代、生活していく中でストレスはつきものです。

小さなことでも人の体はストレスを感じ、このストレスがホルモンバランスを乱します。

すると、体が自分を守ろうと攻撃的になり、男性ホルモンを大量に分泌させます。

この男性ホルモンは男女共に存在し、皮脂を出す力をもっているのです。

必要以上に皮脂を出してしまうと毛穴に皮脂が詰まり、ニキビができてしまいます。

思春期には成長ホルモンにより男性ホルモンが分泌されますが、大人ニキビの場合はストレスなどが影響で分泌されてしまうのです。

また、女性には「黄体ホルモン」と「卵胞ホルモン」が存在します。

妊娠の準備をする上で必要なこのホルモンは、時期により分泌量が変わるため、女性は生理前にイライラして、ニキビもできやすくなるという特徴があります。

このように、日ごろのストレスがニキビに影響してくるので、自分に合ったストレス解消法を見つけていくことが大切です。

生活習慣の乱れ

生活習慣の中でも1番に気を付けたいのが「睡眠」

毎日遅くまで起きて寝不足をした時に翌日、ニキビができてしまったことありませんか?

睡眠不足が続くと、ストレスと同じようにホルモンバランスが乱れ、ニキビができるのです。

睡眠時間は6~8時間ほどとるといいとされています。

しかし、遅くまで仕事をしている人はそんなに睡眠時間を確保できないと思います。

そのときは、自分の体調等に合わせて毎日一定の睡眠時間を確保するようにしてください。

その他にも、毎日栄養のある食事を3食摂っていないと肌へ栄養がいきません。

特に脂っぽいものを多く食べている人は、その脂が皮脂として多く分泌されてしまうので要注意。

食べすぎも良くありませんが、ダイエットなどをしている人も肌への影響は大きいので気を付けてください。

また、この2つだけではなく、喫煙お酒運動不足などさまざまな生活環境がニキビの元になってしまうので日ごろの生活を見直してみましょう。

大人ニキビのまとめ

普通 右

大人になってからのニキビは、少しの乾燥やストレスでできてしまう、厄介なものです。

早いうちから対策をしないと歳をとった時にニキビがひどくなり、どんどん跡が残る可能性が高まります。

しっかりケアをして、綺麗な肌を手に入れるために頑張りましょう。