泣き顔 左

ニキビを繰り返していたら、膨らんだしこりのようなものができてしまったという経験はありませんか?

触るとかたくて見た目も目立つので不気味に思うかもしれません。

このしこりニキビ一体何なんでしょうか?

その原因と過程について考えていきましょう。

しこりニキビとは?

しこりニキビとは周囲より盛り上がったニキビ跡です。

触ると表面がつるつるして硬くなっているため、「硬結ニキビ」といわれます。

赤みがあったり、白かったりしますが、いずれにせよ見た目が目立ち気になります。

その範囲が広く程度がひどい状態を「ケロイド」と呼びます。

転んで肉がえぐれたところ、大きなやけどを負ったところなどに硬く盛り上がった傷あとができることがありますよね。

最初は押すと痛痒かったり、赤みが気になったりしますが、それは徐々に消えて最終的に硬く盛り上がった白いケロイドが残ることが多いです。

これが重症のニキビの跡にできることもあるのです。

しかも、このしこりニキビは治りにくいという特徴があります。

では、なぜしこりにきびができるのか、その原因は2つあります。

  • 真皮の再生機能が来るって繊維を大量分泌するため
  • 潰してニキビが悪化するため

では、これらの原因について、詳しく見ていきましょう。

真皮の再生機能が狂って繊維を大量分泌する

皮膚は表皮と真皮、皮下組織という層からなります。

真皮は皮膚細胞を作り出す重要な組織で、通常は水分と油脂からなる肌のバリア機能や厚めの表皮が真皮を守っています。

しかし、ニキビが大きくなりすぎると真皮が損傷されてしまうことがあります。

このしこりニキビは、ニキビの炎症が皮膚の深部にある真皮にまで及び、肌の再生機能が狂ってしまうことによって生じます。

ニキビは毛穴に皮脂がつまることによって生じますが、炎症がすすむと毛穴の壁を壊して拡大していきます。

同じ場所でひどいニキビを何度も繰り返すことによって、真皮の再生機能が乱れてしまいます。

真皮の再生機能が乱れると、過剰にコラーゲン繊維を分泌し、表皮に送り出すようになり、それが固まってしこりに変化するのです。

真皮は皮膚細胞の源ですから、そこが損傷されてしまうと、肌の再生がうまくできなくなります。

傷跡にできるケロイドが何年たっても残っているように、しこり状のニキビ跡もそのまま残ることが多いです。

潰してニキビが悪化する 

ニキビは潰してはいけないとわかっていても、かゆみが気になって触り、誤ってニキビを潰してしまうことがありますよね。

触ってはいけないという意識が無く、ニキビを触るのがクセになっている人もいます。

ニキビは毛穴に常在するアクネ菌が皮脂をエサに増殖することによって生じます。

また、外部の雑菌も毛穴の酸素の薄い環境を好みますので、一度毛穴に入ると増殖してしまいます。

白血球はアクネ菌だけではなく外部からの様々な種類の雑菌とも闘い、炎症が一気に悪化。

ニキビを触って、細菌が次々に入ることのよって、細菌が優勢になりやすくなります。

ニキビが悪化して真皮まで炎症が及ぶと、真皮の再生機能がうまくいかず、しこりをつくります。

痛くて痒くて無意識に触ってしまう気持ちもよくわかりますが、触らずにぐっとがまんしていれば、赤ニキビ、黄ニキビ、回復という段階を経て、きれいに治すことができます。

しこりニキビのできやすい場所

しこりニキビはフェイスラインにできることが多いです。

なぜなら、この部分は男性にひげが生える部分で、男性ホルモンの支配を受けやすいことが関係しています。

そのため、クレーターまたは色素沈着ニキビ跡もここにできやすいです。

女性でも男性でも身体的精神的ストレスを感じると男性ホルモンの分泌が増えます。

その結果、皮膚が厚くなり、毛穴がつまりやすい場所にも関わらず皮脂が過剰になってしまい、重症なニキビができやすくなります。

また、内因性のニキビは体質を改善しない限り、どんどん悪化するので、最終的にひどいニキビ跡になってしまいがちです。

しこりニキビの原因まとめ

普通 左

しこりニキビは傷跡にできるケロイドと同様のメカニズムでできます。

傷跡のケロイドが何年たっても残っているように、しこりニキビも残り続けることが多いようなので注意が必要です。

しこりニキビを今後、1つでも増やさないようにするために大切なのは、ニキビを無理に触らず、優しくケアをしていくことです。

これ以上、ニキビが悪化せず、綺麗になれるように頑張りましょう。