泣き顔 左

やっとニキビが治りはじめたと思ったのに、茶色の跡ができてしまっていませんか?

なかなか消えそうになく、不安になるかもしれませんが、そもそもこの茶色のニキビ跡の原因は何でしょう?

茶色のニキビ跡の原因とその特徴を解説します。

茶色のニキビ跡とは

茶色くなったニキビ跡は、ひどくニキビが炎症し、治ったあとに残ってしまう茶色い「シミ」のことです。

「シミは日焼けした時だけじゃないの?」と思う人もいると思います。

しかし、ニキビもシミになってしまうことがあるのです。

ではなぜシミになるにか気になりますよね。

その理由は2つあります。

  • 炎症による色素沈着
  • 紫外線の影響による色素沈着

どのようにして色素沈着が起きるのか説明します。

炎症による色素沈着 

茶色のニキビ跡の1つの原因は、ニキビがひどく炎症を起こし、からだの免疫反応でメラニンがつくられ、色素沈着を起こしたもの。

毛穴の中でアクネ菌が増殖すると、白血球という免疫細胞が活性酸素を発生させて殺菌しようとします。

活性酸素は健康な細胞も攻撃してしまうので、からだが色素をつくって保護しようとし、その結果、皮膚の基底層にあるメラノサイトという組織が活性化され、メラニンという茶色っぽい色素を作り出します。

そして色素沈着した細胞は基底層から皮膚の表面に向かって徐々に送り出されていき、その色素の色が皮膚の表面から見える状態がシミなのです。

また、ニキビの炎症がひどく色素が大量に分泌されると、メラニンが基底層からさらに奥深くにある真皮にまで落ち込んでしまいます。

紫外線の影響による色素沈着

ニキビの炎症部分は、肌の保護機能が大幅に弱まっているので、紫外線に非常に弱くなります。

紫外線はがんのような病気の原因になるので、からだが活性酸素を生産して保護しようとします。

活性酸素は強い酸化作用で殺菌したり、紫外線に抵抗したりするのですが、この活性酸素は健康な細胞まで攻撃してしまうので、それに対抗するためメラニン(色素)がつくられます。

ニキビの炎症に抵抗するためにメラニンが生成されますが、その状態で太陽の光(紫外線)に当たると、ますます色が濃いニキビ跡ができやすくなってしまうのです。

茶色のニキビ跡、いつか消える?

茶色のニキビ跡が消えるのは、肌の新陳代謝(ターンオーバー)の働きによります。

皮膚には真皮表皮という層があり、皮膚細胞は真皮で新しくつくられ、皮膚の表面に向かって徐々に送り出されます。

肌の表面に出てきた古い細胞(角質)は、アカとしてポロポロと取れていくのですが、その過程には約28~56日かかり、一般的に、20代前半では約28日、50代では55日程度かかって皮膚が生まれ変わると言われています。

表皮の一番深いところ(真皮の手前)にある基底層でメラニンが生成されるので、メラニンが色素沈着した皮膚細胞は、約1~2ヶ月かけて表面に出てきて排出されるという計算になります。

薄いシミは確かに数ヶ月で消えますが、濃いめの茶色のニキビ跡は消えるのに実際もっと時間がかかります。

半年や一年経って確認したら消えた、または目立たなくなったといった感じだと思います。

それは、ニキビの炎症で皮膚細胞の再生力が弱り、ターンオーバーが長くなっていることが一つの理由として考えられます。

また、通常春や夏の紫外線が大量の時期に日焼けすると、秋から冬にかけてターンオーバーのはたらきでシミが薄くなりますが、紫外線に日々さらされ、その対策が十分でないと、なかなか消えません。

特に夏は、茶色のニキビ跡が消えにくく、濃くなりやすい時期であるため、注意が必要です。

表皮とは反対に、真皮は表皮のような活発なターンオーバーがないため、真皮まで色素沈着が達すると消えにくくなり、再生には約6年かかると言われています。。

茶色のニキビ跡を消すためには、肌のターンオーバーをなるべく早く正常化させることが大切です。

茶色のニキビ跡の原因まとめ

普通 左

茶色のニキビ跡について紹介しました。

このニキビ跡はシミで、アクネ菌に対するからだの免疫反応によるメラニンの色素沈着が原因だったため、日ごろから日焼け止めを塗ることが大切です。

女性にとってはシミというのはすごく嫌なものだと思うので、日ごろからしっかりケアをしていきましょう。