普通 左

女性の皆さんは、毎日のようにお化粧をしている人も多いでしょう。

メイクは女性の身だしなみだといわれていますから、仕事や外出する際はメイクが欠かせませんよね。

だけど、ニキビができてしまったり、肌の調子が悪かったり、メイクのノリが悪かったりしたことはありませんか?

実は、その肌トラブルはクレンジングの仕方も関係してくるんです。

ここでは、正しいクレンジングの知識をご紹介します。

クレンジングの必要性

洗顔前に行うクレンジング。

なぜこのクレンジングをしなければいけないのかご存じですか?

クレンジングは、洗顔では落としきれない1日のメイクを落とすためなんです。

メイクは油分でできています。

その油分を落とすためには、その上から油分を加えて浮き上がらせなければなりません。

メイクを落としきれずに洗顔をして、保湿をしてしまうと、肌に汚れが残ってしまい、ニキビなどの肌トラブルを起こしてしまうのです。

そのためにも、しっかりクレンジングを使って汚れを落とし、次の日にまたメイクをすればノリもよくなるはず。

クレンジングの落とし穴

メイクの油分を落とすために、クレンジングには油分だけでなく界面活性剤という物質が必ず入っています。

界面活性剤を利用することによって、メイクに含まれる油分と水気を混ざりやすくして汚れを落としてくれるのです。

しかし、この界面活性剤、クレンジングのほかに洗濯用の洗剤などにも使われているんです。

洗濯洗剤にも利用されているだけあって、強い洗浄力を持っていて、顔用でも少なからず肌にダメージを与えてしまいます。

とはいえ、クレンジングを使わないとメイクは落とせません。

肌にとって一番いいのは負担をかけないこと。

やはり、メイクもクレンジングも使わないことがベストですが、現代社会においてノーメイクで過ごすのは難しいですよね。

なので、毎日使うクレンジングを極力低刺激のものにすれば、大丈夫。

実は、クレンジングには肌に優しいものと刺激が強いものまで段階が踏まれているんです。

刺激の弱い順に以下の表にまとめてみました。

 種類(刺激の弱い順) 特徴
ミルクタイプ
  • 肌への負担が少ない
  • 油分が少なめ
  • 薄化粧を落とす
クリームタイプ
  • 肌への負担が少ない
  • 適度な油分を含む
ジェルタイプ
  • 界面活性剤多め
  • 洗いあがりさっぱり
オイルタイプ
  • 界面活性剤多め
  • 濃いメイクを落とせる
シートタイプ
  • ふき取りタイプ
  • 界面活性剤で落とす

※商品によっては界面活性剤の弱いものもあります。

この表のように、肌への刺激が弱いものはその分メイクの洗浄力も弱くなります。

1番刺激の強いシートタイプのものは、簡単なので使用する人も沢山いると思います。

しかし、このふき取りタイプはメイク汚れを落とすための成分はほとんど含まれておらず、大半が界面活性剤で作られています。

肌をふき取る際の刺激も肌にはダメージを与えてしまうため、トラブルを起こしやすいですので要注意。

刺激の弱い順に紹介しましたが、オイルタイプでも界面活性剤の少ないものや、反対にクリームタイプでも界面活性剤が多く含まれているものもあります。

クレンジングを購入する際は界面活性剤の量を気にして選ぶことをおすすめします。

クレンジングの使い方

せっかく、自分の肌に適したクレンジングを見つけられても、肝心なメイクの方法が間違っていれば意味がありません。

多くの人がクレンジングですべてのメイク汚れを落とさなければいけないと誤解しがちですが、実は6割ほど落ちたらそれ以上利用する必要はありません。

残りの4割は洗顔で洗い流します。

始める前に、前髪をヘアバンドなどで留め、髪は結び、しっかりと手を洗ってから行います。

また、クレンジングに時間をかけすぎるとうるおいがとれすぎてしまうのでできるだけ短時間で行ってください。

1.乾いた手に適量とる

塗れた手で行うと、水とクレンジングの油分が混ざってしまうため落ちにくくなるため、乾いた手で行います。

クレンジングの量は商品に合わせて使ってください。

しかし、この時もったいないからといって量が少なすぎてしまうと、摩擦により肌を傷つけやすくするので少なすぎてはいけません。

2.Tゾーンからなじませる

皮脂の多いおでこや鼻からのせ、指の腹で優しくメイクとなじませていきます。

次に手のひらで頬やフェイスラインにのばしていきます。

界面活性剤が入っているためゴシゴシしてしまうと肌荒れを起こしてしまうのでていねいに優しく行ってください。

クレンジングでマッサージをしたくなるかもしれませんが、肌を傷つける恐れがあるのでNG

3.小鼻や目元、口元になじませる

毛穴の溜まりやすい小鼻は、指の腹でくるくると円を描くようになじませます。

皮膚の弱い目元や口元は、ていねいに優しく行ってください。

4.ぬるま湯で洗い流す

熱いお湯だと皮脂が取れすぎ、冷水だと落ちにくいため、ぬるま湯で流します。

この時、手早く洗い流すようにしてください。

ぬるぬるとしてすべて洗い流したくなりますが、この後に洗顔をするので、多少のぬるっとした状態で終了して大丈夫です。

 

※オイルタイプを使用する場合、顔になじませてから少しのぬるま湯を手に取り、顔の上でオイルとなじませます。
オイルとなじませて白くなったら洗い流してください。

ポイントメイクの落とし方

普通のクレンジングでは落としにくいようなマスカラや口紅に対して、リムーバーを利用している人も多いのではないでしょうか。

専用のリムーバーを使用するときは、コットン綿棒を使って優しくふき取ります。

目元はごしごしと動かすと、しわの原因になるので注意してください。

また、精製のオリーブオイルでも落とすことができます。

オリーブオイルは界面活性剤が入っておらず、肌にとてもやさしい成分で作られているので、低刺激です。

コットンになじませ、肌に30秒から1分ほどおいてふき取るだけでOK。

あとはいつもと同じようにクレンジングと洗顔に進むときれいにメイクを落とせます。

正しいメイクの落とし方のまとめ

笑顔 右

綺麗な女性でいるためには毎日欠かせないメイク。

毎日肌に使うものですから、コスパ重視ではなく肌に優しいものを選んでみてはどうでしょうか。

ニキビができているときは、特にていねいに肌を扱う必要があります。

毎日のケアでニキビのない肌を目指しましょう。