普通 左

スキンケアの1番最後につける乳液。

もしかしたら化粧水だけで終わっていませんか?

大人ニキビは乾燥しやすい顎や顔周りにできるのが特徴的です。

そんな乾燥からくる大人ニキビは、肌に適度な油分を補うため、乳液は必要不可欠。

今回はそんなニキビでお悩みの方に、正しい乳液のつけ方についてまとめました。

乳液とは

乳液とは、肌のうるおいを閉じ込める効果を持つ基礎化粧品のことで、肌のバリア機能を高めます。

使用する順番は、化粧水の後につけるのが一般的な使い方です。

油分をたっぷりと含んでいるため、肌に必要な油脂を与えて乾燥を防いでくれる効果があります。

しかし、中にはベタベタするから嫌だ、脂性だから必要ない、ニキビが増えそう、といって最近では乳液を使わない人が増えています。

でも、だからといって乳液を使わないのはNG

化粧水だけだと蒸発してしまうことがあるので、余計に肌が乾燥してしまいます。

そうすると、肌は過剰に皮脂をだそうとするため、さらにニキビを作ってしまうのです。

また、人の肌は、年齢とともに確実に皮脂は少なくなっていきます。

今後のことを考えても、乳液は必要になるのです。

乳液の種類

乳液には、いくつかの種類があります。

保湿を目的としたものや、シミやくすみを防ぐ美白系のもの、アンチエイジング効果のあるもの。

また、乳液とは別に、クリームという基礎化粧品があります。

クリームは、乳液よりも油分をたくさん含んでいるので、クリームは乳液の後につけるのですが、必ずしも両方使うことはありません。

乳液もクリームも油分を補うためのものなので、どちらかを使用するだけでも効果はあります。

しかし、乾燥が気になる人や、年齢を重ねて皮脂の分泌が低下してきた肌にはどちらも使う方が効果を得られます。

正しい乳液・クリームの手順

選んだ乳液は、基本的に化粧水や美容液の後につけます。

化粧水や美容液の前につけてしまうと、化粧水などの成分が十分にいきわたらなくなってしまうので、必ず順番は守るようにしてください。

また、さらに油分を求める場合は、この乳液の後にクリームをつけます。

乳液のつけ方

乳液を手のひらにとります。

乳液も商品によって使用量が違うため、取扱説明書を読んでください。

もし足りないときは自分の肌に合わせて多めにとります。

手のひらで乳液を広げて顔全体になじませていくのですが、この時、こすらないように優しく馴染ませるのがポイントです。

こすってしまうと肌を傷つけてしまうので注意してください。

目の周りや口元にもていねいに塗ります。

乾燥しやすいフェイスラインも忘れずに。

クリームのつけ方

適量のクリームを薬指にとり、優しくなじませます。

基本的には目元や口元の乾燥しやすい所に塗りますが、自分毎日鏡で見て、乾燥していると思うところにも塗ります。

目元や口元に塗る場合、他の部分まで広がらないよう、指でトントンと叩くようになじませるようにしてください。

乳液・クリームをつける時の注意点

乳液もクリームも皮脂を補うために使用するものだとお伝えしてきました。

そのため、皮脂の多い部分と乾燥しやすい部分に同じ量を使ってしまっては、皮脂の多い部分がさらにベトベトになってしまいます。

皮脂の多い部分には薄く、乾燥する部分には多めに、というように部分によって使い分けてください。

ニキビ部分にも多くつけてしまうと悪化する可能性はあるので、薄くつけるようにすればひどくなりません。

正しい乳液のつけ方のまとめ

笑顔 右

今できてしまっているニキビを治すためにも、これからニキビができないよう予防するにも、常に肌の保湿は大切です。

化粧水だけでは肌の水分と油分のバランスがとれないため、乳液やクリームで肌のバリア機能を守りましょう。