痛い顔 右

ニキビと聞くと、顔にできるイメージがありますよね。

しかし、ニキビは顔だけでなく体にもできるんです。

体にできたニキビが治らずに悩んでいる人も多いのです。

ニキビのできる場所によってそれぞれ原因があるため、ここではその原因や特徴について紹介します。

ニキビのできやすい部位の特徴

人の皮膚には毛穴に皮脂腺が存在します。

その皮脂腺から皮脂を分泌していて、皮脂が毛穴に詰まることによってニキビが発生します。

しかしながら、ニキビができる人は皆同じ部分にできるとは限りません。

おでこにできる人もいれば、あごにできる人、背中にできる人など悩む部分はさまざま。

よくできやすい部位として、7つの例をあげます。

  • おでこ
  • こめかみ
  • あご
  • 背中

多くの人が悩むこの部分のニキビについて、なにが原因なのか説明します。

おでこは顔の中で最も皮脂が溜まりやすい

おでこは顔の中で1番皮脂線が多く、沢山の皮脂を分泌します。

そのため、脂性の人はテカテカとして気になりやすい部分になります。

皮脂の分泌が多いということは、皮脂が溜まりやすい部分とも言えます。

皮脂が溜まると、それをエサにしてアクネ菌が発生し、ニキビができてしまうのです。

また、前髪が長く、おでこにかかってしまうと、細菌が入ってしまいます。

すでにおでこにニキビができている人は、できるだけ前髪がかからないように留めるなどしないと、炎症しているニキビがさらに悪化してしまうので気を付ける必要があります。

こめかみにできる原因はすすぎ残し

こめかみは耳と目の間の部分のことをいい、このこめかみも皮脂腺が多い部分です。

しかし、この部分のニキビの1番の原因は、すすぎ残しです。

顔の中心ではなく、端の方なので、どうしても洗顔時に泡がついたままになってしまうことがあります。

洗顔時だけでなく、シャンプーをした時にも、しっかり洗い流していないとニキビの原因になるのです。

鼻はニキビがひどくなりやすい

鼻はおでこの次に皮脂の多い部分のため、テカリやすく、気にして触ってしまうことの多い場所です。

触った刺激により雑菌が入り、ニキビができやすくなります。

また、花粉症などのアレルギーを持っている人は、ティッシュで鼻をかむことが多く、刺激やティッシュに皮脂を吸い取られすぎることによって、ニキビができてしまう場合もあります。

鼻のニキビは悪化すると大きなニキビになったり、跡が残りやすい部分なので慎重なケアが必要になります。

さらに、普段から角栓や黒ずみが気になって鼻パックをしている人は、回数を重ねるほど毛穴が開いてしまいます。

毎日のようにパックをしてしまうと、ニキビができてしまうのでやりすぎには注意してください。

頬のニキビは乾燥と刺激が原因

頬は皮脂腺が少ない部位ですが、乾燥してしまうと肌のバリア機能が弱まってしまいます。

バリア機能が弱まると、細菌が入りやすくなり、ニキビの原因になります。

その状態で髪の毛がかかってしまうような髪形をしたり、不衛生な寝具で眠るといった行動を行うと刺激になり、ニキビを悪化をさせます。

また、胃腸の調子が悪いときも頬にニキビができやすいので、食べ物や食べ方を見直す必要もあります。

あごは乾燥しやすくニキビを繰り返す

あごは、最も皮脂腺が少ないためニキビができにくいと思いがちですが、意外にも大人ニキビの1番できやすい場所です。

皮脂が少ないために乾燥しやすく、乾燥によって皮脂腺が過剰に皮脂を分泌します。

また、ホルモンのバランスが影響でニキビができてしまいます。

一度あごにニキビができてしまうと非常に治りにくく、油断するとすぐに繰り返してしまうのが特徴です。

知らない間にできる背中ニキビ

背中にニキビができたかは自分では分かりにくく、誰かに言われて初めて気づく人が多い部分です。

その背中は顔の次に皮脂腺の多く、広範囲にニキビができやすいです。

背中のニキビの原因は多くあり、汗をかいた時に、きちんと処理をせずにそのままにしておいたり、ボディーソープやシャンプーのすすぎ残しが背中ニキビの原因になります。

お風呂の後にタオルでゴシゴシと強く洗ったり拭く人も、その刺激がニキビが悪化する原因の1つです。

そして、体は顔と違い、服を着ているため通気性が悪く、衣類の摩擦も関係してくるのです。

胸にできるニキビは下着の摩擦などの刺激で悪化

胸にもニキビができてしまうことがあり、悩む人が多いです。

大人になってからできる胸のニキビは、ホルモンバランスの乱れストレスなどが原因でできます。

また、女性は下着を肌に直接つけているため、摩擦や汗などによって雑菌が繁殖し、ニキビを悪化させます。

背中同様、お風呂の際のすすぎ残しや強く洗ったりなどの刺激でもニキビができます。

大人ニキビの部位の特徴まとめ

普通 左

大人ニキビができやすい部位をあげてみましたが、顔と体で共通して言えることは、ホルモンバランスの乱れや不摂生だけではなく、外部からの刺激によりニキビができやすくなるということです。

肌のバリア機能が弱まると、さらに悪化の原因となるので、部位に合ったケアをしていくことが大切になります。